設定・世界観

頃は江戸時代、「姫神」という種族がいた。
「姫神」とは、秘女神とも、姫神とも言われた種族で。姿形は、見目麗しく、内には神の力を秘めたりと言う。ただ、性質は残忍と言われ、祟神として恐れられていた。
姫神は不老不死の肉体を持ち、人の浮かばれ得ぬ魂を食らい、術・能力は全能を誇る。
そして「神を狩るもの」と呼ばれる種族によってのみ死がもたらされる。そのときに姫神は人間に姿・能力全てを与え転生する。
姫神は何人いるのかわかってないが、全て女性。
詳しくは以下の公式ページを参照のこと。

公式ページ

妖魔夜行シリーズ姫神奇譚設定 http://ts.novels.jp/novel/200103/24194542/hime_settei.html

提案者

亜希みちるさん、ジャージレッドさん

発表場所

制限なし。
少年少女文庫>http://ts.novels.jp/?において投稿を受け付けております。

どこで読めるの?

その他

基本的な指針
  1. ストーリーに古都音(みちる)を絡めること。
  2. TSには人外の力(妖術等)が加わっていること。
  3. 新しい妖魔、妖怪や神々のキャラクターを考えて作中に登場させたときは、作中の最後に、必ずキャラクター設定を別枠で明記すること。キャラクターの制限はありません。
  4. 他人のキャラクターは勝手に使っても可能

コメント

名前:
コメント: