▼整理中...









▼現在閲覧中のページアクセス
今日 : -
昨日 : -
トータル : -

翻訳メモ



PIERCING THE SHROUD



MISSION OBJECTIVE:
 > Investigate the Dominion Lab
CREDIT REWARD:
 > 125,000
RESEARCH OPPORTUNITIES:
 > +4 Protoss Research
 > +3 Zerg Research

+実績
Piercing the Shroud [15]
Complete all mission objectives in the "Piercing the Shroud" mission.
ミッション 【Piercing the Shroud】 中のクリア目標を全て達成せよ。

Not So Brutalisk [10]
Kill the Brutalisk in the "Piercing the Shroud" mission without losing a unit to the Brutalisk on Normal difficulty.
ミッション 【Piercing the Shroud】 難易度 "Normal" において、ユニットを失わずにブルタリスクを倒せ。

Lock and Load [10]
Locate all 13 weapon pickups in the "Piercing the Shroud" mission on Hard difficulty.
ミッション 【Piercing the Shroud】 難易度 "Hard" において、13個の武器を発見せよ。

☆ 隠し実績 ☆
Monster Mash [0]
Use the A.R.E.S. to kill the Brutalisk in the "Piercing the Shroud" mission on Normal difficulty.
ミッション 【Piercing the Shroud】 難易度 "Normal" において、ブルタリスクを A.R.E.S. を使用して倒せ。
・A.R.E.S. はブルタリスクの部屋の少し前に登場する武装兵器。
・ブルタリスクをA.R.E.S. の近くまで誘導してから、A.R.E.S. を起動すればよい。

このミッションは隠しミッションです。
+出現方法
ミッション【MEDIA BLITZ】にて、南東角の建物[ Korhal Civilians ]を破壊するとプレイ可能となります。

ミッション・ブリーフィング

▽惑星(Castanar)
Located near the Dominion's fringe. Castanar is a small, nondescript world with little in the way of natural resources. The only notable feature of the planet is the massive berylium storage facility orbiting it on a captive asteroid.
ドミニオン制星権の辺境に位置するキャスタナーは、自然資源も乏しく特徴のない惑星です。唯一特筆に値する点は、軌道上の小惑星に莫大なベリリウム貯蔵施設が設置されている事です。

▽打ち合わせ
Horner: The classified documents we found on Korhal imply the Dominion has a top secret bio-weapons lab on an orbital platform at Castanar. If the Dominion is cooking up a big surprise for us, I'd like to know about it.
コーハルで見つけた機密書類によると、ドミニオンのトップシークレットの生物兵器研究所がキャスタナーの軌道プラットフォーム上にあるとのことです。ドミニオンがビッグなサプライズを用意してくれているというのであれば、詳しく知りたいですね。


ミッション開始シーン

CASTANAR SYSTEM
21:32 Shipboard Time
キャスタナー星系
21:32 - 船内時間

Raynor: So what's the scoop on this top-secret death-lab?
それでこのトップシークレットの殺人研究所の何が引っかかるんだ?

Horner: This asteroid is registered as a Beryllium Storage warehouse, but that must be a cover for the Dominion's bio-lab.
この小惑星はベリリウムの貯蔵庫として登録されています。ですが、ドミニオンの生物兵器研究所を偽装しているに違いありません。

Raynor: Let's hope so. We'd look pretty silly comin' all this way for a few tons of Beryllium.
そうだと良いんだがな。2,3トンのベリリウムの為にわざわざ来たなら、ただのバカだしな。

Raynor: Did those documents give us any clues as to what the Dominion's cookin' up in there?
ドミニオンの奴等がここで何をしてるか、資料に手がかりは?

Horner: No sir. But they did contain some of the facility's security codes, so we may be able to hack into their systems.
無いですね、サー。ただ、資料には施設のセキュリティコードが仕込んであったので、奴らのシステムに侵入できるかもしれません。

Raynor: Sounds fun.
楽しそうだな。

Raynor: Well, 'long as we're here, we may as well take a look.
ま、来ちまった以上、調べてみるとするか。


ミッション中


<降下開始>
Horner: Sir, parts of the facility seem to be scan-shielded...our signals are breaking up left and right. Be careful in there.
サー、施設内の幾つかに探査防壁が張られている為...そちらの位置を正確に確認できません。用心して行ってください。

Raynor: Hey, careful's my middle name.
おい、俺のミドルネームは‘用心’だぜ。

Horner: I thought it was Eugene...
あなたのミドルネームは‘ユージーン’でしょう...

Raynor: Shut it, Matt. Alright, boys - stay frosty!
冗談はここまでだ、マット。よし、お前ら、慎重に行くぞ!

<入口到達>
Raynor: Surprise, surprise, the door's sealed. Nothing a little breaching charge won't cure.
驚いた驚いた、ドアが封鎖されてますよっと。爆薬があればどうとでもなるがね。

Tutorial-Breaching Charge: The Breaching Charge is a highly explosive charge used to blow open doors. Can only be placed on doors and other destructibles.
チュートリアル: 指向性爆薬 はドアを吹き飛ばして開けるために使う高性能爆弾です。 破壊可能なドアなどにだけ仕掛ける事が出来ます。

<ドア破壊>
Dominion Officer: This facility is strictly off limits - Raynor?! Halt, you're under arrest!
この設備は立ち入り制限区域だ - レイナー!?止まれ!貴様を逮捕する!

Raynor: Not today, Buddy.
今日じゃないぜ、相棒。

Tutorial-Computer Terminals: Bring troops close to Computer Tarminals to active them. On-screen buttons will be available to use once the Terminals are activated.
チュートリアル:コンピューター端末 端末にユニットを近づけ、スクリーン上のボタンを押す事で端末をアクティブにすることができます。

<セキュリティシステム操作開始>
Firebat: Hm. Fry any rebel you see!
ヘヘ、反乱者どもを焼き肉にしてやろうじゃねぇか!

Raynor: Looks like we got a reception committee waitin' for us. Adjutant, activate those gun turrets and give 'em a surprise!
見たところ俺たちの歓迎会の委員がお待ちのようだ。アジタント、あの砲台を稼動させてドッキリさせてやれ。

Adjutant: System accessed. Decrypting security overrides. System control established.
システムアクセス完了。解析されたセキュリティを上書きします。システムコントロールを確立しました。

Raynor: Well, we got half the guns. Should take some of 'em out at least.
よし、半分の砲を掌握した。これで少しは奴らを黙らせられる。

<セキュリティシステム起動(右か左どちらか)>
Firebat: What th -
何だ こ -

<研究室突入>
Scientist: Oh my God, don't kill me!
お願いだ、殺さないでくれ!

Raynor: These creatures...they ain't like any zerg I've ever seen before. Matt, scan their bio-signatures.
この生きモンは...今までに見た事もないザーグだな。マット、この生物表記を調べてくれ。

Horner: Hold on...the signal's weak in there. Wait. Sir -- I'm reading both zerg and protoss DNA. Were those... things assimilated somehow?
待って下さい...信号が弱いものですから。何でしょうこれは.....ザーグとプロトス双方のDNAが読み取れます。つまり...何らかの方法で掛け合わされたのでしょうか?

Raynor: I don't know. But I'm real curious as to what they're doing inside a Dominion lab.
分からん。だがドミニオン研究所の中で何が起こっているのか、実に興味深くなったぜ。

Dominion Marine: Check it out, we got that Raynor guy trapped in lab one.
見ろよ、レイナー共を研究1号室に閉じ込めたぞ。

<ドアが閉じられ、封鎖される>
Dominion Marine: Ha, nice. Release the zerg!
お、よくやった。ザーグを放ってやれ!

Raynor: Zerg! They're coming from the holding pen! Destroy it, boys, we gotta block 'em out!
ザーグ!檻から出てくるぞ!殺れ、息の根を止めちまえ!

<ドアを破壊し、通路に出る>
Dominion Marine: They got out! That ain't good...
出てきやがった!まずいぞ...

<グレネード取得>
Tutorial-Grenade: Raynor can toss Grenades at groups of enemy units. Grenades do damage to a large area indicated by the Targeting Reticle . They can also be targeted at specific areas on the ground to clear a path.
レイナーは敵集団にグレネードを投げ込むことができます。グレネードは照準の指し示す広い範囲にダメージを与えます。また、地上の任意のエリアをターゲットにすることで進路を塞ぐ瓦礫などを排除することも可能です。

Dominion Marine: Hold 'em back! Don't let 'em in the lab!
近づけるな!やつ等をラボに入らせるな!

<セキュリティシステム操作開始>
Raynor: Looks like we got a few options on this terminal to soften 'em up before we go in.
突入前にこの端末に用意されてるメニューいずれかを、奴らにお見舞いできるようだな。

<セキュリティシステム起動(Zealots x15 / Zerglings x65 / Ultralisk x4 いずれか)>
<突入し、殲滅後>
Raynor: Looks like the same creature was mutated and cloned over and over. Matt, you got any additional info?
似たような生物が大量にクローン・変異されているようだ。マット、何か読み取れるものは?

Horner: Stetmann's been running some tests, sir. He says the specimens' DNA strands have been artificially spliced. Whoever's in charge of this mess did it deliberately.
ステットマン達が幾つかのテストを行っています、サー。彼曰く、遺伝子構造を人工的に繋ぎ合わせた物だそうです。一体誰の指示でこんな研究を。

Raynor: Matt, we've gotta blow this place sky high. No way we can just leave it standing.
マット、この施設を木っ端微塵にするぞ。二度と使えんようにな。

Horner: Well... I'm picking up a strong power signature close to you. There must be a large fusion reactor somewhere in the facility.
ええ...あなたの付近で強い出力を検知してます。その設備のどこかで巨大な核融合炉があるはずです。

Raynor: Perfect. We'll find the reactor, destroy it, then we're outta here!
それなら確実だ。核反応炉を見つけ次第破壊し、さっさとトンズラするぞ!

<プラズマガン取得>
Raynor: They were testing these weapons...on the specimens. What the hell have they been up to here?
奴らはこれらの兵器を試していたのか...あの試作品(生物)に。奴らはここでどんな研究をしているんだ?

Tutorial-Plasma Gun: The Plasma Gun is a powerful single-shot weapon with limited charges. Use discriminatingly against dangerous enemy units.
プラスマガンは弾薬数に制限はありますが、強力な単発武器です。なるべく危険な敵ユニットを選んで使用しましょう。

<カーゴベイ前に到達>
Raynor: We got trouble ahead, that cargo bay's big enough for heavy units.
まずいな、この先のカーゴベイは重装ユニットが十分入る大きさだぞ。

<収納されているウォーボットを発見>
Raynor: Oh yeah. Siege tanks...Vikings...Wait...Some kinda warbot? Looks like I can pick a weapon upgrade and activate it from this console. Here goes...
おおう、シージタンクに...バイキングに...待てよ...こいつはウォーボットか?どうやらこのコンソールを使えば、アップグレード武装一つつけて起動できそうだ。それなら...

<ウォーボット、起動(Anti-Armor Missiles / Anti-Personel Napalm / All-Purpose Cannons いずれか)>
Raynor: That bot won't last long, let's move!
奴は長くは持たない、いくぞ!

<ウォーボット、時間切れで吹っ飛ぶ>
Raynor: Well he did his best for us.
彼はとても役立ったな。(「ありがとよ」的な感謝の意)

<セキュリティシステム操作開始>
Raynor: You reading me, Matt? I could use some reinforcements down here. They got something big in the next room and I don't think it's friendly.
聞こえるか、マット?ここは増援が欲しいところだ。奴らは何かでかいモンを隣の部屋で飼っているようだが、仲良くなれそうにない。

Horner: You got it, sir. I only have one dropship available. What do you need?
了解しました。ドロップシップが1機使えます。どんな編成をご希望でしょうか?

<Marine x8 / Marauder x3 / Firebat x4 / Marine x3 + Medic x3 いずれか選択>
Horner: Yes, sir. Your reinforcements are inbound.
了解しました。増援を降下させます。

<セキュリティシステム操作開始(Brutalisk制御装置)>
Raynor: Brutalisk, huh? So the Dominion's doing research on these things too. Mean looking sucker...
ブルタリスクかよ?ドミニオンの興味(研究)はこいつらにまで及ぶのか。ふざけやがって...

Horner: This might not be the best time to take on a giant zerg monster, but Stetmann still needs more Brutalisk samples to complete his research. It's your call.
今はこのデカブツに構っている暇はないでしょう、ですがステットマンが研究を終えるためにブルタリスクのサンプルを欲しがってもいます。ご判断はお任せします。

<核融合炉付近に到達>
Horner: Sir, you're right on top of that power signature -- the fusion reactor must be nearby.
サー、あなたはちょうど出力信号の真上にいます――核融合炉が近くにあるはずです。

<核融合炉、破壊>
Adjutant: Containment field weakening. Protoss/zerg hybrid reviving.
抑制装置、機能低下中。プロトス・ザーグ混成体、動き出します。

Scientist: Emergency! Emergency!
緊急!緊急事態だ!

Scientist: Containment breach!
抑制装置が破られる!

Scientist: We're all gonnna die!
みんな殺されてしまう!

Raynor: Oh my Lord. Am I seenin' this right?
なんてこったい。これは現実か?

Scientist: Aahhhh!
あぁぁぁぁっ!

Raynor: Hybrid? We should get out of here right now...
混成体か?直ぐに此処から脱出しないとな...

Raynor: Alright, that's it. We're leaving!
よし、任務完了だ。脱出するぞ!

Horner: Sir, you'll have to be careful. Signal's warping, but that critter's breaking the place apart! Who knows what you'll run into!
サー、気をつけてください。化け物たちが至る所を破壊しているせいで、座標が上手く確認できません!出口に誘導できないのです!

Raynor: Just what I wanted to hear. Thanks for the head's up. Stay tight on me! Let's move, Raiders!
俺が聞きたかった事を先に...。ここまで支援ありがとよ。おめぇら、俺から離れるなよ!行くぞ!

<クロノ・リフト・デバイス発見>
Raynor: 'Chrono Rift Device'? Must be based on alien tech. Mengsk is really playing with fire here.
クロノ・リフト・デバイス?エイリアン・テクノロジーによるものに違いない。メンスクはココで火遊びをしてたわけか。

Tutorial-Chrono Rift Device: The Chrono Rift Device is derived from unkwn alien technology. When used, it will slow everything within its energy field.
クロノ・リフト・デバイス は未知のエイリアンテクノロジーです。使用するとエネルギーフィールド内の全ての速度を低下させます。

<障害物発見>
Raynor: C'mon ladies, we need to keep moving'. Blast through that rubble.
さぁお前ら、進み続けるしかねぇ。瓦礫を排除するぞ。

Tutorial-Rubble: Rubble obstacles can be cleared with Breaching Charges , Plasma Gun shots, Grenades , or regular Attacks .
瓦礫の障害は爆薬、プラズマガン、グレネード、もしくは通常攻撃で取り除くことができます。

<混成体登場(瓦礫を取り除いてこちらに向かっている)>
Horner: Sir! If I'm reading this right that hybrid is virtually indestructible, don't try and fight it - just get out of there!
サー!私が見る限り、混成体を殺す事は不可能と思われます、戦おうなど思わず―そこから脱出する事だけを考えてください!

Raynor: Ah hell, that debris won't hold it for long! Keep moving! Go! GO!
くそったれ、あの瓦礫はそうは持たないぞ!止まるな!進め!進め!

<混成体、瓦礫を破壊完了>
Horner: The hybrid is on the move!
混成体が向かってきています!

<セキュリティシステム到達>
Raynor: Another Warbot! Adjutant, send it after the hybrid to buy us some time!
ウォーボットがもう1体ある!アジタント、それを混成体にぶつけて時間稼ぎをしてくれ!

Raynor: Let's move! ([Breaching Charge]等で瓦礫などを破壊すると)
進め!

Raynor: This place is coming apart fast!
すごい勢いで崩れてくな!

<重装兵器、破壊される>
Raynor: Hell, that warbot didn't last long!
畜生、時間稼ぎにもなりゃしねぇ!

<混成体、姿をくらます>
Horner: Sir! I lost the Hybrid's signal. It seemed to just... disappear.
サー!混成体のシグナルを見失いました!急に...消失したようです。

Raynor: Define "disappear."
消失ってなんだ。

<混成体、先回りして出現>
Raynor: Whoa! What the hell!
うぉお!ふざけんなよ!

<発着場付近に到達>
Dominion Marine: Evac! Get to the transport!(混成体を連れてきたレイナー達をみて)
脱出だ!船へ急げ!

Raynor: Transport? I think we just found our way out of here!
船だって?オレたちゃ出口さがしてるだけだったんだがな!

<発着場到達(クリア)>
Raynor: Time we were leaving! Lift off!
出るぞ!離陸しろ!

Raynor: Matt, can you read me? I'm inbound in some big transport the Dominion was nice enough to supply. Don't shoot us down!
マット、聞こえるか?今、都合良くドミニオンのでかい船に乗ってるんだ。撃つんじゃねぇぞ!


<イーハン・クリスタルでA SINISTER TURNをクリア済み>
HYPERION BRIDGE
04:17 - Shipboard Time
ハイペリオン船橋
04:17 打ち合わせ

Raynor: That thing down there, it was like the hybrid Zeratul fought.
奴は、ゼラトゥルが戦ってた奴と酷似していた。

Horner: Here? But how?
ここ(イーハン・クリスタル)で見たものと?しかし何故?

Raynor: Mengsk! It's always Mengsk! The end of the universe is coming and I should have known he'd be behind it!
メンスクだ!またメンスクだ!宇宙の終焉がやって来るんなら、どうせ裏に奴が絡んでると思いつくべきだったぜ!

Horner: But how did he hybridize zerg and protoss? The technology required is way beyond anything terrans have developed. He can't be working alone on this...
しかし、どうやってザーグとプロトスを掛け合わせる事が出来たのでしょうか?そのような技術は現存するどのテラン技術をも越えています。彼一人で成せるものとは、到底思えないのですが...

HYPERION CANTINA
{11 Minitues Later
ハイペリオン酒場
11分後


<イーハン・クリスタルでA SINISTER TURNをクリアしていない>

ミッション達成後

HYPERION BRIDGE
04:17 - Shipboard Time
ハイペリオン艦橋
04:17 - 船内時間

Raynor: What the hell is Mengsk playing at?
メンスクは一体何で遊んでやがったんだ?

Horner: Creating his own alien super-soldiers by the looks of it. He's found a way to hybridize zerg and protoss somehow.
見る限り彼の為のエイリアン超兵士を作ってたのでしょう。どうにかしてザーグとプロトスを掛け合わせる方法を見つけたんでしょうね。

Raynor: Don't look like he's house-broken 'em yet. Least the lab's been trashed.
飼い馴らせていたようには見えないがね。少なくともラボはお釈迦になったようだ。

Horner: Yeah, but it was only one lab. Who's to say how many more he's set up?
ええ、しかしそれはラボは一つだけなら、です。彼が他にいくつ研究所をもっているのかもしれませんしね?

HYPERION CANTINA
11 Minitue Later
ハイペリオン酒場
11分後

▼Armory
▽Swann
Swann: What in hell's name did you stir up in that lab, cowboy?
あのラボで一体何をやらかしてきたんだ、カウボーイ?

Raynor: Mengsk's taken to playin' god literally now. He made that thing and whole heap more like it! An' who knows how many other labs he's got out there?
メンスクが神を弄んでいたのさ、文字通りの意味でな。奴があのラボとああいった中身を全部作ったんだ。あれと同じようなラボが他にいくつあるかわからねぇよな?

Swann: Great, like we ain't got enough to handle with the zerg. Now we got Mengsk breedin' his own damn monsters too.
大したもんだ、俺達がザーグを手懐けるにゃまだ早いようだな。じゃあ今度はメンスクを、奴の作った化けモンと掛け合わせてみるか。

▼Bridge
∵Horner
Horner: I don't know what Mengsk was trying to do in that lab. But I think he's in over his head.
メンスクがあのラボで何をしようとしていたのかはわかりません。しかしどうやら彼の手に負えるものではなかったようですね。

▼Cantina
▽Tosh
Tosh: Whatever you found down there makes me afraid. What was it?
あんたが地上で見つけたモノは、オレに恐怖を感じさせたぞ。一体何を見た?

Raynor: Something monstrous - a zerg-protoss hybrid. It must've been a powerful psi for you to feel its scream from all the way up here.
得たい知れねぇ化け物――ザーグとプロトスの混成体だよ。きっと強力なサイコ能力を持ってたんだろう、それでお前は奴の叫び声がここまで上って来たのを感じたんだろうよ。

Tosh: Searing. Blinding. Like feelin' the sun burning your face with your eyes squeezed shut. I never felt a thing like that before. I hope I never do again.
焼け付くような、目が眩むような、まるで太陽が顔を焼き焦がし、瞼をぎりぎりと締め付けるかのようだぜ。こんな感覚は初めてだ。二度と体感したくはねぇな。

▽News【MENGSK SCANDAL】
Lockwell: This is Kate Lockwell for UNN. Donny Vermillion remains on sick leave -- get better Donny! Coming up later, we begin a ten part expose on corruption in the Dominion government. How high does it go?
UNNのケイト・ロックウェルです。ドニー・バーミリオンは病気による休養を続けております。早く良くなってね、ドニー!さてこの後の特集は、全10回シリーズでお送りするドミニオン政府の腐敗告発ドキュメントです。何処まで話が進むでしょうか?

Lockwell: Tonight however, I'd like to return to the topic of Tarsonis, and the day it fell. Families ripped apart -- literally -- when the savage zerg arrived. Mountains of dead bodies, deserted cities...
しかし今夜は先ずはタルソニスの話題、そしてあの星が陥落した日の事から振り返ってみたいと思います。獰猛なザーグ達が襲来し、この地に住む家族たちは文字通り引き裂かれることになりました。山のように積み上がった死体、廃墟となった街…

Lockwell: Let's play that clip again.
再び映像をどうぞ。

<録画映像再生>
Arcturus: I will rule this sector or see it burnt to ashes around me....
私はこのセクターを統治できないのなら、ここが灰になるまで燃え尽きるのを見てやるのだよ...

<スタジオで騒動が起きる>
Stage Manager: Stop! Wait! You can't just come in here --
待ってくれ!あんたらここに入っちゃ --

Dominion Security Officer: By order of Dominion Security, this newscast is terminated.
ドミニオン治安部隊の命令だ、このニュース放送は中止だ。

<ドミニオン治安部隊の介入により放送中止>
Raynor: We finally got ya, Arcturus. Nice to see the media taking shots at you for a change.
やっと捕まえたぜ、アークトゥラス。メディアが今度はお前に一撃食らわすのを見れるなんて嬉しい限りだ。

∵Tychus
Tychus: I don't even want to talk about what you found down there. Can't you see I'm drinkin'?
お前が地上で何を見て来たかなどわざわざ聞くかよ。 楽しく飲んでるのが分からねぇか?

▼Laboratory
∵Hanson
Hanson: I can't believe those Dominion scientists were hybridizing zerg and protoss! That's just... madness!
ドミニオンの科学者達がザーグとプロトスを掛け合わせていただなんて…信じられない!正気とは思えないわ!



添付ファイル




▼日本語コミュニティ、大会運営
Starcraft 2 JP Community
PlayGG
ニコニコミュニティ StarCraftⅡ


▼LiveStreaming
Starcraft 2 JP Community
TeamLiquid