※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

当ページではレンジャー連邦法務省から出された臨時法の発布・公開を行っております。


治安悪化に伴う臨時法制定について

本法は「戦時下」「戦時下に準じる国内不安の状況」であると藩王が認めて発布・施行される特別法です。アイドレス世界の最前線に位置するテラ領域に国土を持つ藩国として、連邦政府は本法の定める政策を実施します。


臨時法 治安対策条項

1.非常時における犯罪への特例措置
連邦政府は、国内情勢の不安により引き起こされた略奪行為や破壊活動等の犯罪について、加害者の武装を没収の上不問とする。ただし他者に心身上の重大な危害を加えた場合、ならびに悪質な略奪においてはこの限りではない。
なお、この措置は本法案発布前の非常時の違法行為にのみ適用されるものであり、本法案発布後の犯罪行為については通常通り取り締まるものとする。

2.復興支援
連邦政府は、国内治安に被害が発生したその都度ごとに、傷病者に対する医療支援、損壊された家屋並びに施設の復旧支援を行う。

3.市街焼き討ちに伴う緊急の復興支援ならびに雇用措置
連邦政府は、破壊された市街の復興支援と雇用確保を目指し、公衆衛生と健康維持のための報酬を設定する。
 実施内容:瓦礫掃除、復興建設作業、炊き出しスタッフの募集
 報酬:食糧、生活用品、大衆浴場無料券、メディカルチェック

4.特別情報部の設立
連邦政府は、政府や警察庁ほか治安維持に関わるすべての組織・個人が迅速に情報を共用し、円滑な治安維持活動を助けることを目的とした、臨時の特別情報部を構成、運用する。
特別情報部は暴動、デモ、焼き討ち、事故等の情報を収集・伝達・管理し、非常用に各組織首脳部へのホットラインを有する。また、見回りや情報伝達行為に必要な場合は、政庁よりコメットが貸与される。

5.国民の緊急保護
連邦政府は、国民から要請された備蓄食料の開放および資金の貸付を、国家が維持出来る最低線を下回らない限りにおいて実施し続ける。

6.世情安定のための措置
連邦政府は、国民の不安を取り除き、同時に治安を維持する目的のために、避難訓練ならびに任意参加の地域レクリエーションを定期的に実施することで、各人の州法に基づいた世情安定を目指す。

7.食糧自給率の上昇ならびに就労支援対策
連邦政府は、食糧自給率の上昇と国民への食糧支援を目的に、西都果樹園及び畑の大幅な拡大を藩国公共事業として行う。この公共事業に従事するすべての労働者は、正当な賃金報酬や労働環境・福利厚生の充実等適正な労働条件が政府により保障される。
増設された果樹園の収穫物は、その何割かが政府によって適正価格にて買い上げられ、藩国内への食糧支援や他国とのフェアトレードのために使われる。

8.治安維持のための特別会計
連邦政府は、国民の安全と生活の保障義務を負う責任上、事態が起こってからの増税を行わず、臨時法を実施するための特別会計から支出を行う。この会計は以後ターンごとに設けられ、必要とされない限り福祉予算へと振り分けられる。


+++++

※当法は以下に基づいて制定されています。

  • レンジャー連邦憲法
第1条:国民は常に愛とともに生きることを心がけよ

  • レンジャー連邦民衆法(慣習法)
1.レンジャー連邦は国民を州とする連邦国家です
2.レンジャー連邦の国民が守らねばならないのは以下の2種類の法律です
 2-1.各人の胸に宿る愛、すなわち州法
 2-2.各州の衝突を防ぐための、各連邦法

  • レンジャー連邦行政法
1.仮想飛行士の責任:連邦政府の構成員である仮想飛行士は、国民から権能を預けられた責を果たすために、国民への愛すなわち政府職員として誰もが持つべき州法によって、臨時法を全力で実施する義務を負う。
2.雇用支援:連邦政府は、治安維持や各種復興作業に必要な雇用を統括・分配し、国民の安定した生活を守る義務を負う。