※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Cheer up,cheer up,cheer up.
元気を出して と ただそこに咲く

゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'


゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'

暑い日差しの中でもポーチュラカの花は元気に咲いている。
道端にあるその水水しい花を見れば、少しの間暑い日差しの事を忘れる。
優しい涼風が吹いたような、そんな気分にしてくれる。
ポーチュラカの花は主に赤、黄、白の三種類の色がある。
良く見れば赤色の花は薄かったり微妙に色が違うようで見ていて面白い。
黄色の花はまさに元気印。夏にぴったりの花だ。
涼を一番もたらしてくれるのは白色の花だろう。水が滴ってたりしたら最高だろう。

花は愛情を受けると美しく元気に育つと言う。
だからもし道を歩いているときに道端に花が咲いていたら、
どうか皆さん、その花達を愛でてやってはくれまいか?
きっと花はお返しに貴方達を元気にしてくれるだろう。
なぜならポーチュラカの花言葉は『いつも元気・無邪気』なのだから。

゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'



花の苗

L:花の苗 = { 
 t:名称 = 花の苗(アイテム) 
 t:要点 = 道端,たくさんの苗,植えている人々 
 t:周辺環境 = 花に気付く通行人 
 t:評価 = なし 
 t:特殊 = { 
  *花の苗のアイテムカテゴリ = 藩国保有アイテムとして扱う。 
  *花の苗の効果1 = 藩国内に花の苗を植える事ができる。 
  *花の苗の効果2 = 花を見た人の心を少し落ち着ける。 
  *花の苗の効果3 = 人の集まる場所に植える事で治安を+1上昇させる 
 } 
 t:→次のアイドレス = 花で満たされる藩国(イベント) 
 } 


゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'





花の苗 in レンジャー連邦

「各国の様子が 出てて うおおお と  色々へこんだ!
が!へこんでても仕方ないので 何とかやれることを探してまして」

「はいな」
http://www37.atwiki.jp/flowershop/pages/64.html 
これなんかどうかしらと」

「お、いいですねー」
10018002 深夜2時半頃 購入用国内募金をはじめる20分前の、藩王と執政の会話

/*/

 花の苗は、柾之花店の販売している藩国向けアイテムです。レンジャー連邦では、お花屋さんにお願いして「ポーチュラカ」という花の苗を購入させてもらいました。
 政庁有志の募金によって購入されたたくさんの苗は、国民や猫士により手分けして植えられました。その中には購入した政庁職員が手ずから植えたものもあります。



 設置場所は連邦で一番活気のある街、北都。交易の要所であり、歓楽街などもある華やかな町ですが、その分喧騒が多い街でもあります。道沿いに植えられた花を眺めて、少し穏やかな気持ちになる。そんな風景の助けになれば幸いです。


ポーチュラカってどんな花?

 ポーチュラカは、別名をハナスベリヒユという、スベリヒユの花卉園芸用に改良された品種です。
 スベリヒユは世界の熱帯から温帯にかけて幅広く分布する多年生植物で、茎は赤紫色を帯び地を這って分枝、葉は長円形の肉質で互生します。粘液物質を含んでおり、「スベリヒユ」の名は茹でた際にぬめりが出ることに由来するとされます。また、「ひゆ」とは「小さくて可愛らしい」ことを意味します。
 スベリヒユの若苗は食用にされ、茎や葉は利尿薬や解毒薬として使われました。また、山形県では「ひょう」と呼び、山菜の一種として茹でて芥子醤油で食べる他、干して保存食にする地域もあります。トルコでは炒めてサラダにするそうです。ただし残念ながら、園芸用の改良種であるポーチュラカは食べられません。

 白や黄、桃色、薄紅色などの多彩で小さな花をつけます。
 熱い日差しと乾燥を好む、丈夫で手のかからない花で、花言葉は「いつも元気・無邪気」。種はできにくいですが、挿し芽で簡単に増えます。
 生命力が強いので、植物を育てるには向かない気候である西国のレンジャー連邦でも、たくましく可愛らしく咲いてくれることでしょう。





゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'




Cheer up,cheer up,cheer up.
ただそこに咲く小さな花が あなたの元気になりますように

゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'゚'・:*:.。.:*:・'



ページ作成:
 むつき・萩野・ドラケン(イラスト)
 空馬(文章)
 霰矢蝶子(文章と構成)