#長くなったので新設しました。20100713からはこちらで。
#過去の政策はこちらから。



13210102

新年へ向けてのご挨拶 ―13210102―



レンジャー連邦の皆様、こんばんは。
古き年が去り、新しい年の訪れがやってこようとしております。

旧年までのことを忘れず、
しかし、新年へと向けて、
レンジャー連邦たる皆様のこれまで全てを、
連邦として、共に歩んでいきたいと思います。

手短ではございますが、
藩都広場にて、いつものようにご挨拶をさせていただくと同時に、
北都でも、私どもの方から、ご挨拶をさせていただいております。

平常通り、交通整理も実施し、
初日の出が上がる夜明けまで、
続けさせていただく予定です。

皆様も、ご家族と一緒に、
どうか良い夜を過ごされてくださいませ。

(政庁一同の代表として:城 華一郎)

12210102

クリスマスイベントのお知らせ


レンジャー連邦の皆様、こんにちは。
皆様にクリスマス期間中に開催されるイベント等のお知らせです。

【クリスマスツリー・リース設置】

この度、政庁有志より皆様へ、大きなクリスマスツリーとクリスマスリースを、夜間のライトアップと共に、ご用意させて頂きました。
この情勢の中ではありますが、クリスマスというこの特別な時を、皆さまと共に分かち合えれば、幸いかと思います。
どうぞ、華やかなツリーとリースの飾り付けを、ご家族、恋人、仲間と共に、見に来て下さいませ。
※ツリーは南都政庁前広場に、リースは北都歓楽街各所へと設置致します。

【クリスマスエアショーの開催】

続きまして、クリスマス特別イベントと致しまして、当国空軍によるエアショー開催のお知らせとなります。
クリスマス当日、レンジャー連邦空軍による、エアショーを開催致します。
青空をキャンバスに、磨き上げられた華麗な技を、国軍パイロット達が皆様に披露いたします。
日程につきましては、日時、会場の選定及びプログラムが決定次第、改めて告知致しますので、皆様どうぞ当日をお楽しみにしてくださいませ。
尚、会場付近は混雑が予想されます。
移動の際は軍警察による誘導係の指示に従う様お願い致します。
※会場付近の方は徒歩による移動、遠方の方は公共交通機関のご利用、又は1台の車に相乗りをするなど、交通渋滞削減にご協力下さいませ。

【関係各所への通達】

  • 警察
テロ警戒中の中ではありますが、国内巡回の強化とイベント時の交通整理をお願い致します。
※現在のテロリストの特性を考慮し、目視だけではなく巡回ロボットから得られた情報との照合も、合わせて行って下さい。
又、他国にて小包爆弾による被害が発生している例もありますので、不要に置かれた不審物等の摘発に努めて下さい。
※危険物が紛れていないか、郵送を行っている機関にも注意を呼びかけて下さい。

(陸軍)
各イベント見学者のオペレーター職による誘導と案内放送、ホープ系職による事故・犯罪防止の為の巡回をお願い致します。
又、都心外での異変早期発見と、国内の安全確保に努めて下さい。
※現在のテロリストの特性を考慮し、目視だけではなく巡回ロボットから得られた情報との照合も、合わせて行って下さい。
(海軍)
イベント期間中に乗じた侵攻や、レンジャー連邦海域での異変の早期発見に、引き続き努めて下さい。
(空軍)
エアショーの開催時間と会場の選定、プログラムの構成をお願い致します。
※決定事項は、藩王の認可の後、メディアにて公示を行って下さい。
※皆さんの不安を吹き飛ばす、カッコイイのを一発お願い致します。

以上、
関係各所は綿密な連携を行いながら、クリスマス期間中、皆さんに楽しんでいただける様、安全確保をどうぞよろしくお願い致します。

(起草:むつき・萩野・ドラケン)(チェック:城 華一郎)

#レンタル根拠:http://cwtg.jp/bbs2/nisetre.cgi?no=32916
#設置申請根拠:http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=13677
#治安評価:50+2(1/15まで、レンタルアイテムの補正+2)



91110102

T16リワマヒ国-オリオンアーム大統領府の取引について


レンジャー連邦の皆さん、こんにちは。
本日は、皆さんにご説明させていただきたいことがあり、
この場を設けさせていただきました。

  • リワマヒ国→オリオンアーム大統領府:きゃりっじ1機+きゃりっじAWACS2機
  • オリオンアーム大統領府→リワマヒ国:資金172億にゃんにゃん

上記のやりとりが、ターン16中頃に、
【治安維持支援】を目的として執り行なわれました。

この172億にゃんにゃんについて、
当初予定していた治安維持施設の購入代金に全額充てられるはずであったところ、
一部を資源で代替することで、【28億にゃんにゃん】の剰余金が生じました。

上述の件につきまして、
先日、リワマヒ国さん・オリオンアーム大統領府、
双方からの声明が発表されております。

その主旨は、
リワマヒ国さんとしては、「あくまで【治安維持支援】に限定して運用する」、
大統領府からは、「支援したものであり、発展と安全のために使ってよい」と、
いったものでございました。

これについて、レンジャー連邦政庁は、

1.友邦国の安定は好ましいものである
2.支援目的での取引である以上、当初の目的に沿う運用であれば問題ない
3.当時のリワマヒ国の情勢は極めて不安定であった

以上、3点に加え、次の1点を考慮した上で、
問題ないと判断いたしました

4.独力での復興が困難だった

これを救うのは共和の精神に沿う行為であり、
今、リワマヒ国さんは、各国を支える部品産業に乗り出し、
同じく共和の精神の下に、全体の発展に寄与しております。

皆さんには、この旨のご理解と共に、
友人として見守っていくことを、お願いさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

(起草:城 華一郎)(チェック:三園晶)


71110102

税関施設開設のお知らせ


レンジャー連邦の皆様、こんにちは。
ターン14の折に発表いたしました藩国の産業計画に則り、
皆様にご購入いただいた国債によって、
税関施設を開設する運びとなりました。

場所は、環状線駅や港などの近く、
人と物の流れの要衝となっている、
北都-東都間です。

現在、私達は、国内外につながりを求める、
航空産業を始めとした、運輸の輪の1つとして、
ニューワールド上での経済活動を進めています。

人と物の動くところには、大きな利益と同時に、
多様な危険が潜むことは、個々の例を挙げるまでもなく、
皆様もご承知のことと思います。

日々の暮らしと同じく、もっとも重要となるのは、安全です。
商取引が無事、かつ、健全に行われる保障を得る、これからの未来は、
皆様自身が国民として選び、手にした道です。

国債発行当初からも、時は多く流れて参りましたが、
その歩みに変わりはないことと信じ、
私ども政庁職員一同も、皆様と共に、
レンジャー連邦として、進んでいきたいと思います。

なお、税関施設の運営において、安全性のためのご不便を、
皆様にお願いすることもあるとは思いますが、
どうぞ、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

(起草:城 華一郎)(設置場所の検討:霰矢蝶子)




51210102

【巡回ロボット配置継続のお知らせ】


連邦の皆様こんにちは。政庁からのお知らせです。

国内各地を見回っております巡回ロボットを、
今ターンも継続して配置させていただくこととなりました。
引き続いてのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


/*/


#霰矢蝶子の所持する巡回ロボット1万台の配置を継続します。
#所持根拠:http://maki.wanwan-empire.net/owner_accounts/492/object_registries
#T16の配置政策:http://www23.atwiki.jp/ty0k0/pages/240.html#id_88cae2ed

#「*巡回ロボットのメンテナンス = ,,,このロボットはメンテナンス費用として燃料を1万t支払い、ロボットを利用する政策を発表することで1ターンの間活動出来る。2ターン目以降は再度燃料を支払う必要がある。」より、
#T17のメンテナンス費用として燃料1万tを支払います。


  (霰矢蝶子)




40210102

【孤児の里親募集と子育て支援について】


連邦の皆さんこんにちは、政庁よりお知らせです。

【里親募集について】
まずは、先だって行われました、孤児院へのボランティア募集、医療関係者によるメンタルケアにつきまして、協力頂きました皆様に、政府より感謝を申し上げます。
おかげを持ちまして、子供達の状態も落ち着き、快方へと向かう事となりました事は、大変喜ばしい限りです。
皆様には、復興、宇宙怪獣騒動の中であるにも関わらず、国の子供達を護って頂き、ありがとうございました。

続きまして、レンジャー連邦の皆様へ、子供達の里親募集のお知らせとなります。
こちらにつきましては、護民官のご協力のもと、参加下さったボランティアの皆様と共に、子供達の里親となって下さる方を募集致します。
申請につきましては、以下の要綱をご確認の上、政庁窓口まで、審査申請書を提出下さいませ。
後日、各審査・子供達との面談を経て、養子縁組の段取りをさせて頂きます。
※要綱内容が細かく設定されておりますのは、子供達が不審な人物・犯罪組織などに引取られてしまわない様にする為の処置ですので、お手数ですが、どうか皆さまご了承くださいませ。

○里親募集要綱
  • レンジャー連邦に在籍の方。
  • 身元が確かである方。
 ※審査に際し、政府からの身辺調査を了承して下さる方に限ります。
  • 子供が成人するまで、年1回の定期健康診断書を、国・護民官へと提出する事を了承して下さる方。
 ※健康診断につきまして、無償で受ける事ができます。
 ※子育て支援の健康診断との重複はできませんので、ご了承下さい。
  • 養子縁組後の、定期的な里親・子供達への個別面談を行う事を了承して下さる方。
  • 心から子供を望んでいる方。

#里親募集につきまして、護民官事務所より、ご協力を頂いております。
#ご許可いただき、ありがとうございました。

【子育て支援について】
戦渦を乗り越えての復興、そして産業育成による国内経済発展の為に、頑張って下さる皆様への、子育て支援の強化を行う事となりました。
これからの国を支えて下さる働き手の方が、安心して仕事が出来、子供達を育てて行く事ができる環境を、国としても応援致します。

国からの支援・働きかけについては、以下の通りとなります。
※従来より行っております、出産支援と共にご利用頂けますので、以下の支援の中よりご希望のものを、各役場、政庁の窓口にてお申し込み下さいませ。

❍子育て支援
国営保育施設「保育院」にて、就業者を対象とした、お子様の一時保育を格安にて行います。
 ※孤児院であった施設を、働く方の為の保育院として転用していきます。
  • 給食有り、24時間体勢で、親御さんの就業時間の間、子供達をお預かり致します。
 ※年少の子については、遊びを通しながら読み書きや、基本的な計算なども教えて行きます。
 ※年長の子については、学習室を使用しての、お勉強をする事が出きます。
 ※又、施設のお手伝いや、定期的に実施する、社会見学を通して、働くことの基礎を学べます。
  • 基本的に有料ですが、家庭環境に応じ費用の減免を行います。
 ※子供たちへの待遇については、平等と致しますので、ご了承下さいませ。
 ※保育院の収入は、施設の維持管理補助費として使用の他、子供達の遊びと学習、健康に関する事に使用して行きます。
  • 引き続き毎ターン1億のリソースを使用します。

❍その他関連事項
  • 保育院職員の募集
保育院にて国の子供たちの成長を護りたい、という方を募集いたします。
 ※資格の有無につきましては問いません、各審査・面接の後、能力に合わせて、適宜必要とされる部署への配置となります。
 ※ボランティアで参加された方々も、正職員となることができます。
 ※定員となり次第締め切らせて頂きますが、その後も随時募集して行きます。
 ※職員希望の方は、政庁窓口へ、履歴書を提出下さいませ。
  • 子育てに関するお悩みは、専用窓口にてご相談下さい。
 ※生活の悩みだけでなく、市民病院医師によるカウンセリング、法関連のご相談先等のご案内も致しております。

○各企業への通達
  • 各企業内でも子育て支援について、従業員の皆さまへの周知活動をお願い致します。

(起草:むつき・萩野・ドラケン/チェック:霰矢蝶子・城 華一郎)


91110102

【テロ事件対応のお知らせ】


国民の皆さん、及び、
各国の皆様に、レンジャー連邦政庁より、ご挨拶を申し上げます。

本日は、当政庁にて、
ニューワールド各所を騒がせている散発的な事件を、
一連のテロリズム活動と認定、
併せて、過日国内向けに注意を促した殺人事件についても、
その一部であると認定したことを、ご報告させていただきます。

該当テロリスト勢力の主な手口は、

1.著名な人物を煩わせ、事件に縛り付けることによる対応能力の削り込み
2.事件への対応により重要施設等への守りに隙を生じさせるための揺さぶり

です。

大勢力ではありませんが、それゆえに機動力と潜伏力に富み、
人心を利用することで自らの力を何倍にも見せる戦術を好み、
かつ、要所では極めて高い個人能力に頼った、典型的なテロリズムです。

政治的・軍事的な動揺を招くためのものであり、
これを防ぐために、レンジャー連邦としては、各国各組織の皆様と、
密に連携を取り、事態に当たらせていただく所存でございます。

当国内で発生した事例についても、
捜査を撹乱するための物証を用意する能力が、テロリストたちには存在し、
明確にその意志を持って攻撃を加えてきていると判断したからこその、
通常の警察捜査とは方法を異にする体制での対応の決定でございます。

被害者救済、並びに事件解決に向けて、どうか当方針への、ご理解とご協力のほどを、
各国ならびに国民の皆様、何卒よろしくお願いいたします。

(城 華一郎)




11110102

【国内で起こった事件にまつわる警戒強化のお知らせ】


国民の皆さん、こんにちは。

先日、国内で不審な事件が起こりましたため、
特に注意をお願いいたします。

現場の状況としては次の通りです。

1.復興に向けて治安を特に強化(評価+50)していた中で殺人事件が起こり、犯人を未だに捕捉できていない
2.にも関わらず、犯人の素性をほのめかすような、誰の手による物かも不明なメモが遺体と共に残されていた

以上のことから、本事件には、
高い危険性の潜んでいることが予期されるため、
不明瞭な状況の変化に慌てることなく対処する、
かく乱にも動じることのない心構えを、皆さんにお願いしておくことが必要であると、
政庁では判断いたしました。

レンジャー連邦国内では、これまでも、
度々、国民の皆さんへ、近隣の方々に声掛けをお願いして、
顔見知りの方々との連携をお願いしております。

人命を軽んじ、また、治安を乱し、
皆さんの安寧を揺るがせにする蛮行に対して、
今、皆さんに同様のお願いをいたします。

陸軍には辞令を下します。
巡回によって警戒を強化しつつ、付近の皆さんと顔見知りになって、
一緒に安心を深めていってください。

昨今は、国内の復興や、産業育成準備のみならず、
国外でも様々な物事が同時に進行している最中であり、
その間隙を縫う類のテロ行為も散見しております。

戻りつつある日常を守るためにも、
皆さんからも、どうか警戒へのお力添えをお願いいたします。

(城 華一郎)




03010102

【最新型ホープ系列アイドレスの着用について】


国民のみなさん、こんにちは。
先日新たに藩国アイドレスとして取得した、空中型ホープツー、ならびに、
最終型ホープナインの着用について、国民の男性諸氏にお話がございます。

両アイドレスは非常に強力であり、
大きな力には、大きな責任と、大きな目的が必要であると、
政庁では考えております。

条件は一つ。

着用を選ぶ男性の皆様は、大事な人たちを笑顔にするために、
その力を用いてください。

力は、普段から用いていなければ身につけることは出来ず、
いざという時に、必要になっても、目的を果たせないのは、
最も悔しいことです。

守り、助けるためにある力であり、
なくさないための力です。

ターン17以降は、現在暫定的に強化している治安状況が、
ターン16開始時点と同程度にまで戻るという事情もあり、
コストや体制の見直し、導入先の選定を含めた、力の運用と習熟のために、
少しずつ、みなさんも確かめていってください。

政府としても、
航空産業の振興に伴う、空中レスキュー組織の設計試案や、
編成を含め、遅れていた陸軍の増強などを考えております。

新たな道を選ぶ方々も、どうか、身にまとう希望の名に恥じぬよう、
新たな可能性が切り開く先の考慮等を、よろしくお願いいたします。

(署名:城 華一郎)



51900102

【市民病院、及び医療関係者の皆様へお知らせ】


宇宙怪獣の接近を始めとして、続く騒乱に終わりが見えないストレスから、心身に不調を覚える方も多いことと思われます。
そこで改めまして、政府より、国民の皆様へのご一助として、以下の政策実施を、各医療関係者に向けて通達いたします。

  • 不安を抱える人達を、市民病院、各医療施設で受け入れ、精神的ケアを実施する。
 (重症度により、入院、通院、自宅でのケア、と分けて対応を行う。)
  • 孤児院の子供達を、市民病院で受け入れ、集中メンタルケアを実施する。
 (重症度により、入院、通院、孤児院内でのケア、と分けて対応を行う。)

医療関係者の皆様におきましては、日ごろのご協力に、政府関係者一同、大変感謝をいたしております。

政庁でも、護民官さんたちとの共同作業により、
お寄せくださっている諸々のご相談を同時に承っておりますので、
カウンセリングの際は、こちらの情報も元に、お願いいたします。

混乱の中、申し訳ありませんが、心傷つき、不安の中にある皆様へ、
手を差し伸べて頂けますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

(起草:むつき・萩野・ドラケン/チェック・修正:城 華一郎&砂浜ミサゴ)



10900102

【宇宙に関する重大なお知らせ】


レンジャー連邦政府より、国民の皆様に発表をいたします。

宇宙から、大規模な交戦能力と交戦実績を持つ勢力が、
押し寄せてきていることは、皆様、様々な事実から既にご承知の通りかと思います。
現在、これに対し、世界規模で対抗策が考えられております。

併せて皆様にお願いしたいことは、あくまで平時と等しく、
立ち直るための一歩を積み、明日につながる一歩を積み、
策が決定するまでと、してからの日常を、守って頂くことです。

今、レンジャー連邦では、航法オペレート技術の進展により、
共和国内での航路の伸長という、戦術の選択肢の幅を増やす方向にも、
また、普段にこそ、有用な方向にも、その一歩を踏み出しております。

微々たる一歩ではあります。
これまでで、一番難しいことをお願いしていることは、
承知の上で、頼みます。

引き続き、政府としては、
前々からの公約通り、航空産業の振興に務めるべく、
元・芥辺境藩国さんからの移民の方々の、
民間航空も兼ねた空港での就労経験を広く求め、
また、共和国、特に聨合国各位との、部品単位、
貿易単位での、産業の勃興を目指して、外交を行っていく所存です。

状況の好転は、まだ、難しいですが、
動揺と混乱を広めることで、その可能性を乏しくする必要は、
ありません。

安定した経済が技術を確実に育み、技術が未来を拓いていきます。
どこへたどり着くかは分かりませんけれど、それでも歩みをやめないでください。

どうかよろしくお願いいたします。

r:藩国部隊一同、国軍と共に、政策同様の主旨で広く呼びかけを行ない、警察と連携しつつ、動揺状態の国民を家に戻します

#オペレート評価:40
#藩王・両摂政も所属する部隊編成です
#編成URL:http://www28.atwiki.jp/check0ranger/pages/158.html

(城 華一郎)

#r:実行費用については、次の通りです。
#06-00158-01:城 華一郎:-10


13800102

【孤児院における炊き出し実施のお知らせ】


国民の皆様に、炊き出しのお知らせをいたします。

現在、レンジャー連邦では、依然、復興を進めている最中です。
にも関わらず、天を覆う、重ねての異変に、痛撃を覚えるのは、
誰しも皆、同じ心境であります。

ですが、あえて皆様にお願いをしたく、
炊き出しの発表という場を借り、お話いたしたいと思っていることがございます。

かつて孤児院にいた子どもたちの数は、10万人。
今、政府で把握しているのは、男子のみ、211名。

どうか彼らを支えてあげてください。

炊き出しの会場は孤児院となります。
彼らと共にいてくださることを希望するボランティアの方を、併せて募集いたします。

頻度を問わず、その気持ちの軽重に依らず、
どのような形であれ、共につながりを持ち、集う、
そのような契機になれば、幸いです。

なお、いつもの通り、
警察・警備員による、会場整理と各種誘導もあわせて行いますが、
列を作る際には、皆様のご協力の程、よろしくお願いいたします。

また、合わせて、以前より孤児院のケアをしてくださっている、
むつき・萩野・ドラケンさんを、しばらくの間、週に1度のペースで派遣いたします。

むつきさんは、かつての臨時裁定への積極的な参加のみならず、
大法院での裁定にも加わっており、確かな方であることを政府として保証いたします。
#出仕根拠:http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=10640

彼女については、施設の修理・整備、調理のお手伝い等、
裏方での活動を中心にお手伝いをして参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

(原案:むつき・萩野・ドラケン/起草・チェック・執筆:城 華一郎)

レンタルショップ四季折々様より買取させていただいた炊き出しセットを使用いたします。
これにより、藩国のリソースより、食糧1万tを支出いたします。

#買取根拠:http://cwtg.jp/bbs2/nisetre.cgi?no=28018
#食中毒などがないように、炊き出し前に、NACさんより購入してある毒物検査キット等を使って検査し、食料の安全を確認します。


12800102

【観光地復興についてのお知らせ】


レンジャー連邦の皆様、こんにちは。
本日は、避難なされていた方々の帰還や、復興の進展に伴い、
新たに整備し直した観光地の眼目となる、
国営の公衆浴場についてのアナウンスをさせていただきます。

まず、復興中、及び、復興後しばらく落ち着くまでの間、
こちらの入浴を無料にて皆様に解放させていただきます。

休憩所では、冷たいお水とレモン水が飲めるサービスも、
あわせて実施いたしますので、是非、長かった日々の疲れを
払い、心身ともに、新たにしてください。

また、先の防衛戦に参戦いただいた傭兵の方々へは、
名乗り出ていただければ、国営系列の公衆浴場に使える年間フリーパスポートを
直接私どもの手より進呈させていただきたいと思います。

当パスポートについては、気に入ってくださった方々に、使い続けていただけるよう、
期限後も、またお越しいただけた場合、ご本人様確認が取れ次第、
無料更新させていただきます。

これについては、他の方々との差がありますが、
心細い戦場で、貴方様がたの力強い手助けが、本当に嬉しかったからです。

また、国土防衛戦から復興に至るまで、お力添えをいただいた方々、
お一人お一人にも、各国政庁を通じ、無料招待券を配布させていただきます。

本日、我が国がこうして共に在れるのは、
皆様の厚い友邦精神によるものであります。

ささやかではありますが、
心ばかりのお礼と思い、どうぞお立ち寄りの際には、
私どものもてなしで、羽根を休めてくださいませ。

(城 華一郎)



40800102

【ゴートホーンについて】


レンジャー連邦の皆様、こんにちは。
先日国内で起こりました、ゴートホーンに関する事件について、政庁の調査結果を報告致します。

ゴートホーンが発見されたのは、農薬の中和剤を散布する際の調査においてでした。

最終的にレンジャー連邦内に出現したゴートホーンの総数は24体にのぼりましたが、これらの目的は、「レンジャー連邦の復興の邪魔をする」と同時に「それによって支援に来るだろう共和国の要人を暗殺する」ことであったようです。
現在では24体全てが討伐され、ゴートホーンに関しては国内の安全が保証されたと言える状態になりました。

なお、ゴートホーンを国内に潜伏させていた敵勢力は、現在もNW全体を危機に陥れるべく暗躍しております。
ムラマサの暴動による戦乱は、もともとは彼ら自身が始めたことですが、ヒートアップし長引いたのは、この敵勢力が乗じてきたことによる影響を除いて考えることは、極めて困難でもあります。

レンジャー連邦の被害は、共和国全体を見ても甚大であり、復興作業が進んでいるとはいえ、心についた傷はそう簡単には回復しません。
キノウツン藩国を許せないと思う気持ちもあって当然のことであると考えています。
しかし政府としては、キノウツン藩国を共和の輪から締め出し復讐を遂げることは、さらなる戦乱を呼びこそすれ、平和への歩みとはならないのではないか、とも考えております。

国民の皆様に置かれましては、何とぞこの報告を踏まえた上で、どう動くことが今後のレンジャー連邦のためになるのか、もう一度考えて頂きたいと思っております。
勝手なことばかり申しましたが、どうぞよろしくお願い致します。

(砂浜ミサゴ)

#なお、今回の国民感情対策につきまして、FEGの内政執行部隊さまの協力を得ております。




30800102

【羅幻工兵部隊様への要望】


羅幻王国工兵部隊の皆様、こんにちは。
レンジャー連邦のインフラ復興・整備にご協力頂き、本当にありがとうございます。
レンジャーからの希望につきましては、既に羅幻王国様より伝えられているとは思いますが、一応の念押しとして再度お願いさせて頂きます。

1.景観維持について
レンジャー連邦は昔ながらの景観を大切にした都市開発を行っております。
高層建築の制限だけではなく、区画整備についても伝統的な街並みを壊さないことを重要視しております。
インフラ整備の際にも、無理のない範囲で景観の維持に注意を払って頂ければ助かります。
難しいことを申しましたが、何とぞよろしくお願い致します。

2.復興の優先順位について
現在のレンジャー連邦は、かなり壊滅的な打撃を受けている状態です。
そのためインフラ整備の際は、ガスや水道などのライフラインの復興を優先して行って頂ければ、
国民の皆さんが助かるだけでなく、復興作業の進行にも有効かと思われます。
レンジャー連邦は砂漠の国ですが、水道に関しては、点在するオアシスからの供給が主です。
よろしくお願い致します。

また、この場をお借りしまして、改めて羅幻王国様へのお礼を申します。
復興に協力して頂き、連邦民一同、心から感謝しております。本当にありがとうございます。

(砂浜ミサゴ)




03700102

【復興本格化について】


レンジャー連邦の皆様、こんにちは。
当国内の復興事業につきまして、皆さまへお知らせがございます。

すでに皆さまご存知の通り、中和剤散布の際に行われました復興調査にて、敵性勢力がゴートホーンを北部に潜ませていた事が分かり、それらの討伐も無事行われました。
※こちらの件に関しては、後日詳しい調査結果を発表させて頂きますので、もう暫くお待ち下さい。

長きにわたりライフラインの復旧の遅れなど、皆様の生活を取り戻す事が遅れておりましたが、国内の安全が確認された事により、本格的な戦後復興が始まります。
復興に際しまして、にゃんにゃん共和国各国、そして護民官や企業組織を介して、わんわん帝國からも多くの支援申し出があり、当国では、それらをありがたく受け入れて行く事となっております。
政府関係者一同、国を代表しまして、ご助力下さる各位様の友誼に感謝しながら、復興に誠意努力してまいります。
国民の皆様もどうか各国・組織・個人の皆様と協力をし合い、レンジャー連邦の街並みを取り戻すお手伝いを、共にして頂けます様お願い致します。

(起草:むつき・萩野・ドラケン/確認:城 華一郎)


尚、各支援に関し、以下の注意を行ってまいりますので、政府各担当、軍・警察関係者は周知・実効ををお願い致します。

  1. 入出国管理に当たり、当面人の出入りが激しくなりますので、ゲートに監視カメラを置くなど、不審な人物と荷物について確認を強化して下さい。国・組織など、団体での出入りに関しましては、入国前に、事前調査を各団体責任者に行って頂く様、協力を要請願います。
  2. 国外主催者が行う支援諸活動に関しまして、当国軍・警察からも人員を派遣し、警備や会場整理を行うようにしてください。
  3. 支援活動に際しまして、国内からも希望がありましたら各国・組織・個人と協力し、共に活動を行う様に広報を行って下さい。
  4. 羅幻藩国様より工兵の派遣を頂いております。復旧に当たり、ライフラインを先行して行って頂くよう、先方へ通達を行って下さい。
  5. 巡回ロボットを活用し、国内の様子を随時確認しながら犯罪予防や、国内状況改善に努めて下さい。




31700102

【農薬中和剤散布のお知らせ】


レンジャー連邦に滞在中の皆様、こんにちは。
政庁からのお知らせです。

戦時中、敵を撤退させる為に散布致しました農薬が、
今だ国内に影響を残している事により、長らくご迷惑をおかけしております。

この度、鍋の国さんの医療品工場にて生産された中和剤が、
先方のご厚意とご協力により提供され、
レンジャー連邦空軍の手で空中散布することになりました。

聯合国としての、平素よりの友好に重ねてのご助力、
本当にありがとうございます。

この場をお借りして、国民一同と共に、お礼申し上げます。

なお、中和剤散布の予定は以下のとおりの手順となりましたことを、
あわせてお知らせいたします。

  1. 最寄りのシェルター、もしくは散布不要地域へ、警察・軍・担当係員による警備・誘導の元、一時退避を開始
  2. 散布は北都を始めとし、その後、有人地区の退避完了を契機とした散布を実施
  3. 散布後は一時退避を解除、退避時と同様、警察・軍・担当係員による警備・誘導の元、順次帰還を行う

また、散布自体も、皆様の移動終了を確認した上で行いますので、
どうぞ、ご安心ください。

ひとつずつ、あるべき姿に、
国を蘇らせていくために、今回も、皆様のご協力を何卒お願いいたします。

(起草:むつき・萩野・ドラケン/加筆・修正:城 華一郎)



【共和国安全規定への参加】


レンジャー連邦の皆様に、大事なお知らせがございます。

昨今の技術開発により、新たな倫理的危険性の生まれる可能性が予見されたため、
共和国全体での、足並みを揃えた安全規定を設けることになりました。

レンジャー連邦は、この、共和国技術安全規定に参加いたします。
詳細は次の4項目を原則として禁止し、藩国政府・藩王会議・大統領府による、
一部許可制で進められるものとなります。

  1. 知類に含まれる生体を部品として組み込むこと
  2. 兵器・研究目的での自己学習についての研究
  3. 兵器・研究目的での自己増殖についての研究
  4. 敵性兵器等の異文化技術の民間での研究

1は心持つ知類が体の一部または全部を部品として利用されることを禁止し、
最初から、部品として利用されるべく知類を生み出すことも禁止するものであります。
(脳などを含まない)クローン医療に関して直接禁止するものではありませんが、そうした医療が社会的な問題や被害者を作る場合は、それぞれの法律で対処します。

なお、補足として、人型戦車には知類(搭乗者等)を部品として扱う自動操縦システムが搭載されている機体がありますが、NWにて藩国により開発され、藩国により管理されているI=D、人型戦車は、これらが藩国に管理されている限り、例外としてシステムの搭載及び使用を許可します。

ですが、これら以外全ての人型戦車・ I=D(以下、機体と表現)において、そのような知類(搭乗者等)を部品として扱う自動操縦システムの使用及び藩国による許可無き新規開発を禁止いたします。

2に関しては、以下の理由から禁止し、一部のみ許可制とします。
  • ゴートホーンに生体脳が使われていたように、非良心的なライフサイエンスの運用につながりかねないこと。
  • ラーニングの研究は心の研究につながり、心持つ存在を一方的に、道具として使役、運用することにつながりかねないこと。
  • どのように変化、進化するかが予想しがたく、起きうる問題が事前に予想しがたいこと。これについては、黒曜子事件を想起のこと。

3とはかつてNWを滅亡させかけた「マンイーター」事件を二度と引き起こさないためのものとなります。

4はセキュリティや技術暴走の危険を未然に防ぐためのものとなります。

NWの同胞として機械知類が存在します。機械知類に心があり、自己学習、自己増殖することは問題ありません。
一方で、そうした心あるもの、心につながるものを、兵器や道具として作成、運用することにつながる研究は禁止いたします。

以上、よろしくお願いいたします。

(城 華一郎)