#長くなったので新設しました。20110118からはこちらで。
#過去の政策はこちらから。


80902102

空軍の皆さんへ


キノウツン藩国への支援出撃、大変お疲れ様でした。
豪雨という悪条件の中での任務遂行は実に見事というほかなく、
パイロット、指揮官をはじめ、管制スタッフ、整備スタッフの皆さんの
たゆまぬ努力と日々の研鑽に、ただただ感服の思いです。

共に和す共和国の精神を守り、体現する皆さんは、
間違いなく我が国の誇りです。
心からの賛辞と敬意を表します。


 レンジャー連邦政庁一同


(文責:霰矢蝶子)



71111102


ヤマモモの街路樹再生・管理プロジェクトについて


レンジャー連邦のみなさんこんにちは、
今回は「ヤマモモの街路樹の再生・管理プロジェクト」についてのお知らせとなります。
#受付を使用してのr:実行
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=16092

プロジェクト概要、流れについては以下の通り。

目的:
当国から失われていたヤマモモの樹を復活させ、再び街路樹として移植し、西国の環境と景観を復活させる事を目的とする。

流れ:
1、ヤマモモの親株より種、挿し木用の枝を採種
国内では、個人宅の敷地内にのみヤマモモが植えられ、根付いています。
そこから実と、親株を傷め過ぎない様、挿し木用の枝を、数回に分けて収集します。

2、西都果樹園にて、ヤマモモの果樹を増やします。
ある程度の本数が揃うまでは、西都の果樹園にてヤマモモを育てて行きます。

3、街路樹として移植・管理をします。
移植は政庁前から徐々に行い、最終的には以前と同等程度の分布を目指して行きます。
また、景観の復旧と共に、成長記録の観測を行います。
※副産物として採種された果実につきまして、株を増やす為の他、将来的にはジャムなどに加工し、観光地・大観光地にて販売し、その収益は福祉事業への補助金として使用させていただきます。

以上。
※詳細につきましては、参加者募集の際に改めてお知らせを致します。



最後に。

このプロジェクト発足のきっかけは、森国の若き友人が幼い頃に私にプレゼントしてくれました、可愛らしい木の実のネックレスでした。
とても不思議な事とは思いますが、木の実が土に植えずとも芽吹いてしまった為に、私共夫婦の住まう自宅の庭先に植えられる事となります。
当時、その植物が何であるか私達には分かりませんでしたが、月日を重ね立派に育った樹が、かつて国の街並を彩っていた「ヤマモモ」である事が分かりました。
偶然なのか、必然だったのか、それは図り知る事はできません。しかし、一度失われたものが、再びこの地へ還って来た喜びを、皆様と分かち合う事ができるのは、確かな事だと思っております。

プロジェクト実行にあたり、果樹園・植林事業関係者の皆様へご指導を戴きながら、協力者募集の呼びかけを随時行わせていただきます。
以前の様になるまでは、長い年月がかかるとは思いますが、皆様と共に又風に揺れ、陽の光に輝く緑を街中で見ることが出来たら、とても幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

森国の若き友人、そのご家族に感謝致しつつ…

(起草:むつき・萩野・ドラケン)
(チェック:三園晶、城 華一郎)



91011102


「美少女による銀河帝国」、「オリオンアームズ」の皆様へ


昨今の激動により、当国では長い復興の日々を歩んで来ており、国民一同の努力によって、
現在慎ましくも逞しく生活を送れるほどまでに回復致しましたが、
深刻な人口不足を依然として抱えている為、このままでは国としての存続が危ぶまれる事となります。
国と言うものは、一つの大きな船にもたとえられます。大きな船を動かすには多くの人の協力が必要であり、
我々政庁一同だけの力では立ち行かないものであります。

そこで「美少女による銀河帝国」、「オリオンアームズ」の皆様へのお願いとなります。
レンジャー連邦では、共にこの国を育て上げて行く、新たな家族(移民)の受け入れを開始し、
移民を希望される方々を、レンジャー連邦という名の船の一員として、歓迎を致します。
各対応は、摂政のご挨拶の後に記載致しますので、どうぞご一読の上、当国への移住をご検討下さいませ。


【レンジャー連邦への移民を希望される皆様へ】

皆様へ。
政庁代表として、また、古くはこの国へと招かれて住むことになった一個人として、
私はレンジャー連邦を語らせていただきます。

この国は愛おしい国です。

大好きなものを大好きと、嬉しそうに、或いは恥じらいと共に口にする。
そんな人々の営む日常こそがレンジャー連邦だと、私は信じています。

そして、そんな隣人のことを愛らしいと思い、
相手の大好きなものも大切にしていくことが、
この国で過ごすための、一番大事なポイントです。

私たちはあなた方を今語ったのと同じように愛し、迎え、
共にその大切を守り、育むつもりです。

そして、それを行うために、今、私たちに足りないものも、
きっと少なからずあると思います。

同じ気持ちになっていただける方々へ。

同じレンジャー連邦の一員として、
力を合わせて新たな未来に向かいましょう。

なお、慣れない間は勿論のこと、
何かとこれまでとの環境の違いに戸惑われると思います。

その際は、近隣の方々や、政庁窓口、最寄りの交番など、
どうぞお気軽にお尋ねくださいませ。

私たちは、皆様のこれまでの歩みも、
新たにレンジャー連邦の一つの文化として受け継ぎ、
未来に進んでいきます。

よろしくお願いいたします。

(城 華一郎)


移民受け入れに関する対応のお知らせ


レンジャー連邦のみなさんこんにちは。
政庁より、「美少女による銀河帝国」、「オリオンアームズ」からの移民受け入れ、及びその準備についてのお知らせを致します。

昨今の激動により、当国では深刻な人口不足を抱え、現在に至っておりましたが、この度、「美少女による銀河帝国」、「オリオンアームズ」へ働きかけを行い、双方より当国への入植希望者受け入れをすることとなりました。

「美少女による銀河帝国」の方々につきましては、我々レンジャー連邦の有するアイドレス、ホープ、舞踏子系との縁も浅くは無く。
「オリオンアームズ」の方々とは、長きにわたり交流を行って参りました事もあり、今や同胞と言っても過言ではないでしょう。

受け入れに際し、言葉、文化の違い、考え方にそれぞれ違いこそありますが、どちらも、私達と同じ「人」である事には変わりはありません。
みなさんには、どうか、これからこの国の一員となる皆様と手を取り合い、レンジャー連邦の復興と共に、新しき愛の国の未来を育てあげてほしいと願う次第です。


移民受け入れに当り、各対応については以下の通り。

  • 移民者用仮住宅の用意
 なるべく元の国の人同士が離れてしまわない様、居住区はコミュニティーフロア(食堂)を持つマンション形式とします。
※艦生活をされていた「美少女による銀河帝国」の皆さんにとって、1戸建てよりはマンションタイプの方が馴染みやすそうだという考えとなります。
※住宅は国内各所に点在させ、孤立化・差別化を避け、地域ぐるみで移住される方々をサポートします。
※この集合住宅は、藩国に慣れ、生活していける様になるまでの仮の住居とし、自活可能と判断され次第、アパートやマンション等住居の紹介・斡旋を致します。


  • 通訳の募集、通訳機の用意
 ゴロネコ藩国様より通訳の方を招き、初期対応を行う窓口職員、花嫁学校講師、関係者を集め、勉強会を行います。
 また、当面の交流をスムーズに行う為、猫妖精用の猫耳型猫語翻訳機を通訳用に改良し、関係者への貸出しをお願いします。

  • 移住者受け入れ窓口と、職業紹介窓口の設置
 書類等のチェック・管理の徹底をお願い致します。

  • 医療機関での定期検診の無料化、又は料金の軽減化
 環境の違う場所での生活は、移民されて来た皆さんには、大きな負担となりますので、当分は医療機関での定期無料診断を実施、受診をされる様、通達をお願い致します。

  • 花嫁学校の新学科設立、女性教職員の募集
 移民された方の生活環境適応の為、花嫁学校の新学科の設置を行います。
 それに際し、女性学校講師を募集致します。
※他職務との兼任を政府より許可致します、年齢制限はございません。
※お申し込みは専用窓口まで、履歴書持参にてお願いします。

学校では、
 ・レンジャー連邦の歴史や文化、一般的な生活様式を学ぶ。
 ・一般的な女性の所作や、男性への対応の仕方の知識を学ぶ。
 ・言葉、仕事を学ぶ。
 ・対人相談窓口を設ける。
 ・サポートペアリングによるサポートを受ける。
ことができます。
※サポートペアリングとは、独特な文化圏を持つ、「美少女による銀河帝国」から入植された方々の生活を、グループでサポートする、新たなシステムです。
※オリオンアームズから来られる皆様も、もちろんサポートを受ける事ができます。
※サポーターとのマッチングはランダム形式とします。
※サポーター1人に入植者1人、ではなく、複数の入植者を交代で担当するものとします。
(男女問わず、入植された方が多くの人とコミュニケーションを持つ事が目的となります)
※ただしどうしても相性が合わず、環境学習の妨げになるようならサポーターはチェンジ可能です。
※サポートペアリングのサポーターを希望される方は、サポーター学科にて受講を受けて下さい。

  • ペアリング希望者の為の、サポーター学科を花嫁学校に併設
 花嫁学校で学ぶ移植者をサポートする知識・マナーを、短期講習にて学びます。
 サポーターには翻訳機の貸し出し、又は個人所有翻訳機へデータのダウンロードサービスを行っています。
※無料で受ける事が出来ます。
※他職務との兼任を政府より許可致しますが、良識ある範囲にて活動をお願い致します。
※ペアリングにつきましては、適正診断後決定させていただきますので、ご了承下さい。
※お申し込みは専用窓口まで、履歴書持参にてお願いします。

  • 警察、軍は、移民を装った犯罪者が紛れ込まない様、入出国の監視体勢を改めて下さい。
 一般国民を護る重要な立場として、国力回復へのご協力をお願いします。 

以上となります。

関係各位、また皆様には、復興の最中ではありますが、
新しい仲間を温かく迎える準備の程、どうぞよろしくお願い致します。

通訳派遣のお願いと報告について


この度、「美少女による銀河帝国」「オリオンアームズ」の方々を移民として迎え入れるにあたり、
初期期間の通訳・及び、翻訳機についての監修を、ゴロネコ藩国様にお願いする事となりました。
ゴロネコ藩国様には深く感謝申し上げます、ご協力いただきありがとうございました。

(起草:むつき・萩野・ドラケン)
(チェック:霰矢蝶子、三園晶)
(外交:城 華一郎)



32501102

ひとまずのご報告


レンジャー連邦のみなさんへ。

目前の敵は撃退されました。

幾度もの戦火の経験から教訓を得て、
ニューワールド全体に突如敵が出現するという、今回の事態が始まった時点で、
早急に対策を立ててくださる方々がおられた結果、全国規模での対策が既に始まっております。
http://www19.atwiki.jp/orionresident/pages/68.html

私達レンジャー連邦も、これを受け入れ、
また、この動きに協力し、これからの日々に立ち向かっていきます。

ニューワールド全体での必死の作戦と、
それに尽力してくださった全ての方々への感謝を述べさせていただきます。
いつもいつも、本当にありがとうございます。
個別にお名前を挙げきれないのが申し訳ない位です。

そして、何故、敵が生まれ、
どうして我々が幾度も深く傷つかねばならないのか。

これからは、その根本的な原因を解き明かし、
本当の意味での平穏な日々を初めて手に入れる、
決別のための戦いに費やしたいとも、思います。

とにかく今は、みなさんが少しでも多く休めることと、
また、休めるに至るまでの復興に、私達みんなで力を注ぐことによって、
みなさんを支えさせてください。

国庫からの資源・燃料といった具体的な支援の形についても、
逐次調査の結果を反映して、必要なところに行き届き、
どこか一箇所で回収困難になるほど偏りが生じないように、
出来る限り、手配させていただきます。

よろしくお願いします。

(城 華一郎)



12501102

緊急避難の発令


レンジャー連邦のみなさんに、
緊急のお知らせがございます。

現在地上に極めて危険な敵性存在が出現しており、
これを撃退することは、通常戦力では厳しいです。

藩国軍・警察および地域組織のみなさんは、
周辺の方々をまとめ、ただちに政庁城やシェルターに撤退、
籠城してください。

家族や恋人と離れないで、固まって手をつないでいてください。
大好きだよと言い合って、心を穏やかに保つよう努めて下さい。

地上のカウンターアタック部隊が間に合うまで、どうかみなさん、
生きてください。よろしくお願いします。

(政庁一同より)




91501102

自然回復運動のご報告


レンジャー連邦のみなさん、こんにちは。

リワマヒ国さんと、大統領府からの、
昨今の環境被害に対する復興支援表明がありました。
私達はこれを受け入れます。

リワマヒ国さんからは、
かつてご自身が経験なされた自然回復運動の知識と術を、
大統領府からは、各国の束ね役としての力を、それぞれ
お借りします。

一人一人に出来ることは限られていますが、
みんなが共にいてくれるなら、みんなの力で一人一人の問題を
解決しあっていけます。

次に私達がお返しをするためにも、
今はリワマヒ国さんと大統領府に、
手を貸していただき、しっかり自分達でも頑張りたいと思います。

ありがとうございます。
共にこの国を復興することを、よろしくお願いいたします。

(署名:城 華一郎/チェック:むつき・萩野・ドラケン、三園晶)

藩国軍の編成と、宇宙遠征について


レンジャー連邦のみなさんに、ターン17藩国部隊の動向、及び、
市民平和活動のうち、一部の意見に対する声明発表をいたします。

この度の宇宙戦において、藩国部隊は後方支援として出撃いたします。 

長きに渡って最大の脅威となっていた、
宇宙の強大な存在と、対等の立場で平和を築きあげるべく、
みんなで行って参ります。

経済の疲弊や、流行病の直後など、未だに多くの問題が残されている中、
みなさんに国元をお願いすることになり、申し訳ございません。

編成に際し、宇宙へと向かう可能性が強かったこと、
その際には、歩兵戦力ではお役に立てないこともあり、
最新型ホープの運用は、今回見送っております。

ですが、これは、
平和活動をなさっている方々のうち、一部の方が求めている武力放棄とは見解を異にする、
「守る力の保持と、濫用の忌避」という意志もございます。

宇宙の存在との、恐らくは戦闘を経ての交渉もそうですが、
強い力を持つ相手と共にあるためには、
やはり強い力を持たねば対等ではいられません。

私達は望めばそのための力を得られる。
そして、可能な限り、それを使わずに、
しかし、手放すことなく、備えることを忘れない。

それが私達の選んだ意志となります。

大切なものが失われてからでは遅く、
危機に際して、守るための力を最後まで捨てずに保ち続けることが、
みなさんの代表としての政庁の役割と考えております。

どうか上記の旨、ご理解をよろしくお願いいたします。

(起草:城 華一郎/チェック・修正:むつき・萩野・ドラケン、三園晶)



01501102

現在流行中の症状について


レンジャー連邦のみなさん、こんにちは。
政庁から、流行中の疾病についてのお知らせをさせていただきます。

現在、熱射病に似た病状が蔓延しています。
具体的には、熱と咳を伴う体調の乱れです。

これが、実は『魔法熱』という、
私たちの土地には珍しい、特殊な疾病だと判りました。

治療薬については、既に手配を開始しているため、
医療機関を通じてみなさんのお手元に届けさせていただきますが、
あわせてお話ししておきたいことがございます。

今回確保した治療薬は、森国の方々の知識の賜物であり、
そもそも海法よけ藩国さんの藩王様に、ご相談に伺ったところ、
先方のご厚意により薬を分けていただいた、
といったような経緯も、実はございました。

このように、私たちは、ターン17開始時に大聯合を行ったため、
森国の方々との知遇を得る機会に恵まれております。

どうか身近になかった病にも恐れることなく、また、
やみくもに正しい治療法以外のものを、自分たちで試すなどして、実行しないよう、
お願いを申し上げます。

同様に、治療薬についても、森国の方と、きちんとお話をした上で分けていただくことを、
非森国民であり、また、昨今の燃料不足に伴う、やむにやまれぬ森林伐採を経た国の民として、
くれぐれも守ってくださるよう、お頼み申し上げます。

(起草:城 華一郎/チェック:むつき・萩野・ドラケン)

~訂正のお知らせ~

前回ご報告さし上げた政策内で、一部人名に誤りがございました。

正:むつき・萩野・ドラケン
誤:萩野・むつき・ドラケン

謹んで訂正すると共に、お詫び申し上げます。



10501102

NW森林組合の方々へのお礼


レンジャー連邦より、NW森林組合の皆様へ、
御礼申し上げます。

燃料代わりに伐採される木を少しでも減らし、
各国が馴染んでいる大切な自然環境を望まぬ形で失わぬよう、
代替燃料として提供してくださった生物資源についてでございます。

本当にありがとうございます。

私たちの暮らす土地は海に浮かぶ砂漠の島国です。
防風林によって、国土の、海への流出から守られており、
森林の保護は、いわば私どもレンジャー連邦一同の、
国の未来を直接守っていただいたことになります。

ニューワールドに暮らす仲間の一員として、
これからも共に力を合わせ、
私たちも皆様にお力添え出来る機会がありましたら、
報いていきたいと思います。

繰り返しにはなってしまいますが、
国を代表して皆様にもう1度お礼を申し上げさせていただきます。

NW森林組合の皆様、
本当にありがとうございました。

(起草:城 華一郎/チェック:萩野・むつき・ドラケン、三園晶)

/*/

国民のみなさんへのご報告とお願い


レンジャー連邦のみなさん、こんにちは。

今回させていただくお話は、
今も続く経済的混乱についての、大統領府における対策の進捗報告と、
国内安定のためのお願い2点でございます。

1.食料・燃料について

インフレとデノミを経たことで、通貨を使っても大丈夫か、
みなさまも、切実な不安を感じていらっしゃると思います。

通貨あっての現代社会であり、
速やかな信用回復のため、新にゃんにゃんを積極的に使い、
その価値を確かなものにする方向で現在対策が進行中です。

具体的な基準や方法等については大統領府で検討中ですが、
通貨の価値が安定するまでの、過渡期における食料・燃料の供給は、
共和国全体で手を尽くすことになると予想されます。

(起草:城 華一郎/チェック:萩野・むつき・ドラケン、三園晶)

2.防風林の再植樹について

つい先日まで、生活基盤に用いられる燃料の代替品として、
共和国各地で木々の伐採が進んでおりました。

NW森林組合さんから各国への、代替燃料用にするための、
生物資源40万tの提供をいただいたことで、
伐採は現在そのペースを緩めたことでしょう。

レンジャー連邦は、土砂の海への流出による国土の消滅があり得る地理的条件にあり、
根を張り、風を防ぐことで土砂の流出を防ぐ木々を失うことは、望ましくありませんでした。

皆様の経済活動あっての社会であり、
また、何よりも、生きるためにそれらの木々の命が、
例え望ましくなくとも必要だったこと、
これについてもまた、確かな現実です。

国民のみなさんが必要として伐採した防風林については、
国が改めて植樹のための準備をさせていただきますので、
再植樹の折には、みなさんも、よろしければ今一度、
ご参加のほど、よろしくお願いいたします。

(起草:城 華一郎/チェック:萩野・むつき・ドラケン、三園晶)

3.警察の皆様へ

ハイパーインフレ中の変わらぬ勤務に対し
お礼を申し上げると共に、新たなお願いがございます。

インフレ時の建設バブルとその崩壊の結果、
国内のあちこちに、放棄された建設現場が
残ってしまっております。

皆様には、工事現場の撤去に必要な法的手続き、
並びに解体業務に用いられる燃料の確保が終わるまでの間、
治安悪化を防止するための見回りをお願い致したく思います。
何かとご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

併せて、国内各地を見回っております巡回ロボットの一部を、
こちらの活動に割り振らせていただきます。

映像データの解析等を含め、活用してくださいませ。

(原文:城 華一郎/修正:砂浜ミサゴ)



41201102

バレンタイン杯 ビーチバレー大会開催のお知らせ



レンジャー連邦の皆様、こんにちは。
本日はバレンタインデーを記念したビーチバレー大会実施のお知らせになります。

ささやかな催しではありますが、日々の疲れを払うべく、
どうぞ奮ってご参加ください。


実施要綱

開催期間:2月14日
大会日程:参加人数の事前予想に基づき調整いたしますが、多少変動することがございます

来場特典:
  • お子様には自己申告で全員チョコレートプレゼント!

参加特典:
  • 参加賞-チョコレート引換券(大会後も政庁交換所で使えます)
  • 優勝-レンジャー連邦駅ビル展望台の利用(最大)1日貸切権
※貸切権の使用には事前に政庁への利用日時申請が必要となりますので、ご了承くださいませ。

なお、大会期間中は国営浴場も特別料金で提供いたしております。
イベント参加後のお風呂でさっぱりと疲れを癒してくださいませ。


参加者の皆様へ

  • 試合は2人1組、5点先取制の勝ち抜けトーナメント仕様です
(国内外問わず、ペアならどなたさまでも参加できます)

  • こまめな給水と、娯楽の域を超えない適度な加減をお願いいたします
(飲用水については参加者用に無料提供させていただきます)

 ※申し込みは各窓口、又はネット窓口をご利用下さいませ。
 ※混雑する恐れもございますので、お間違いの無い様、または会場では係員の指示に従い、お申し込み下さい。


注意事項

当日は野外でのイベントとなります。日射病・熱射病にはお気をつけください。

防風林の木陰を休憩スペースとして用意いたしますので、
観戦なされる方々も、定期的に休憩や水分補給などをお願いいたします。

また、混雑対応のため、
軍・警察による交通整理、会場整理をいたしております。
こちらに付きましてもご協力をお願いいたします。


屋台等の営業について

  • デノミネーション後の物価安定まで、念のために価格監査を実施いたしております。
 ※皆さんが楽しむことのできる価格設定にご協力くださいませ。

  • 申し込み多数の場合、抽選をする場合がございます、ご了承ください。
 ※各窓口、又はネット窓口をご利用下さいませ。
 ※混雑する恐れもございますので、お間違いの無い様、または会場では係員の指示に従い、お申し込み下さい。

  • 食品衛生につきまして、NACさんより購入してある毒物検査キット等の貸し出しも行っております。
 事前の申し込みをお願いいたします。


当日の警備、救護について

会場は混雑が予想されますので、
警察、軍による会場警備もあわせて実施いたします。
又、怪我等の対策に、医療機関へ救護テント設置協力もお願い致します。
国民の皆様へもご協力頂けるよう、事前・当日の告知案内等をよろしくお願いいたします。

(城 華一郎/むつき・萩野・ドラケン/最終確認:霰矢蝶子)
(企画ロゴ:むつき・萩野・ドラケン)

チョコレート用に、食料1万tを供出します。

#買取根拠:http://cwtg.jp/bbs2/nisetre.cgi?no=28018
#食中毒などがないように、プレゼント前に、NACさんより購入してある毒物検査キット等を使って検査し、食料の安全を確認します。



40201102

にゃんにゃんデノミネーション実施のお知らせ


レンジャー連邦の皆様にお知らせです。
貨幣流通量の爆発に伴う今回のハイパー・インフレーションに対して、
以下の対策が緊急に大統領府によって実施されました。

  • にゃんにゃん・1万分の1デノミネーション

これに併せて、
もっとも危急であった食糧問題の解決に向けて、
NACによる農家支援も決定されました。

レンジャー連邦では、
国内のNAC支部に、国庫より生物資源1万tを供出し、
この決定を支持いたします。

また、デノミネーションによって、

1.旧にゃんにゃん-新にゃんにゃんの交換
2.店頭価格の修正
3.混乱した経済の立て直し

が、順次行われることとなります。

特に1については、
取り扱う政庁および関連施設の窓口への殺到、混乱が予想されます。
皆様お気をつけください。

また、この新旧にゃんにゃん交換のため、
皆さんの足が集中することを予測し、
藩都広場にて、しばらくの間、炊き出しを行います。

どうぞ落ち着いて交換にあたってください。
(旧にゃんにゃんの額面から、0が4個減ります。お忘れなく!)

なお、このデノミネーションに関連する動きは、全国規模で行われるため、
治安維持のために活動を強化していただいていた警察の方々にも、
一時的に交換の列と炊き出しへの人員の割り振りと、警備・誘導をお願いいたします。

2~3についても、しばらくは高騰の一途だった各種価格の、
急激な低下と固定化(に感じるでしょうが、以前の状態に戻るだけです)に対し、
戸惑われるとは思いますので、今からそのつもりで心の準備をお願いいたします。

(城 華一郎@吏族5級)

レンタルショップ四季折々様より買取させていただいた炊き出しセットを使用いたします。
これにより、藩国のリソースより、食糧1万tを支出いたします。

#買取根拠:http://cwtg.jp/bbs2/nisetre.cgi?no=28018
#食中毒などがないように、炊き出し前に、NACさんより購入してある毒物検査キット等を使って検査し、食料の安全を確認します。



30201102

現状のご報告


レンジャー連邦の皆さん、こんばんは。

現在、ムラマサを名乗る犯行が相次いでおりますが、

1.ムラマサ自体、鎮圧を経て激減している
2.かねてより敵性組織からのテロによる戦力の削ぎ落としが予期されていた
3.キノウツン藩国でも今回の騒動では自衛に向けて内側に守りを固めている

上記三点に加えまして、

「恐怖の源自身になってしまうことで、
 恐怖から逃れる」

という、心理上の逃避の働きがあることから、

「直近の恐怖の源であったムラマサに、
 自分がなってしまう(名乗り、また、そのように犯行を起こす)
 ことで、自身が恐怖を感じなくともよい状況に逃げている」

という可能性があることも、
政庁の見解として、併せて発表させていただきます。

もし、事態の再来であれば、然るべき対応は取りますが、
警察機能が維持されておりますことから、
被害者の傷口を前回のデータと比較すれば、ムラマサほどの腕前の所業か、
そうでないか、判明するかどうかは、
皆様にも容易に想像がつくはずです。

悪質な便乗犯であるにせよ、恐怖に駆られた犯行にせよ、
また、扇動者が市中に潜んでいるにせよ、
平時であれば異なる関係も結べたはずの被害者周辺と加害者、
そしてそれらを逮捕せざるを得なかった警官たちまで含めて、
状況が招いた痛みであり、本当に申し訳ありません。

ですが、
あくまで国民の皆さん自身を守るために、
厳正に法規は適用され続けます。

引き続き、皆様ご自身の安全を守るために、
治安維持活動へのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

(起草:城 華一郎/チェック・協議:むつき・萩野・ドラケン、三園晶)



20201102

第二次緊急対策実施のお知らせ


レンジャー連邦の皆さん、こんばんは。
種々の対応の遅れでお待たせしましてしまい、誠に申し訳ございません。

混乱の拡大が認められたため、大統領府の進めている事態の根本対応とは別個に、
国内での緊急対策の追加実施を皆様にご報告いたします。


1.自警活動開始のお願い

同じ国民として、皆様にお力添えをいただきたく、
お願いに上がりました。

現在は、tera領域・共和国の各地で危機的状況が進行しつつあります。

生きてこその未来であり、
帝國への脱出の検討も、あるいは成されている方々も多いかもしれません。

ですが、事態の進行速度が予想を超えた場合、
交通機関の機能不全により、他国への避難が困難になるケースも、
残念ながら想定されます。

有志の方は、地域で自警団を結成すると共に、
最初の活動として、シェルター等への、国内での避難準備や、
避難生活に必要な準備等を行っていただけるよう、頼みます。

先が見えない状況では、
心が荒み、人を虐げることで苦しみから逃れようとする弱さに、
屈してしまう方が常より多く出ることもあるでしょう。

それらを未然に防ぎ、また、駆けつけて制止するための、
自主的な見回りや、声掛け等も、是非、推奨いたします。

警察活動も維持してはおりますが、
普段とは違い、また、対象が多くなることから、
皆様の人手という、数を頼らせていただきます。

大量のお願いを捌ききれない、また、
手が足りていてもノウハウが不足しているということもあるかと思いますので、
併せて軍からも皆様を支えるスタッフを派遣いたします。

レンジャー連邦の一員同士、
一丸となって、その御身をどうか守っていってください。


2.警察組織への物資支給

公(おおやけ)に平素から仕えてくれている、
警官(及び特殊警官)の皆様に、同じく公のためにある政庁より、
必要物資の支給を行わせていただきます。

初期準備として、
食料、燃料、資源を各1万tずつご用意させていただきました。
今後も必要に応じてこれらのリソースを補給いたします。

……お任せしている領域は、ある意味で最も困難の伴う現場であり、
このお願いは、皆様が普段から積み重ねてきた努力に、とても報いた
物ではないと思います。

有事には、
規模に応じ、軍と自警団も連携してバックアップに回ります。

皆様を苦しい現場に立たせなければならない不明を、
為政者として恥じるばかりですが、
今はどうか国民のため、普段と変わらぬお力添えを、
よろしくお願いします。

(起草:城 華一郎/チェック・協議:むつき・萩野・ドラケン、三園晶)


藩国軍関連


1.軍への指令

強い自制と警戒が求められる事態である。

国民の手による自警活動は必須の状況下、
心の傷は未だに生々しく、双方にとって、容易く現状に対する不満をぶつける矛先となりうるだろう。

聯合国とのゲート近辺、及び、
有志自警団組織を始めとする民間人の動向、
つまりは国内外への警戒を、一同に命ずる。

人の心の働きを抑えることも、曲げることも出来はしない。

だから、ただ、軍属として、
諸君らには、国民を、外敵からのみならず、
その内なる危機からも守っていただきたい。

各地の自警団組織には、
有事への備えを自身の手で進めてもらうようお願いすることになる。

作戦は、彼らの活動を補佐することで、
軍/民の壁を超えた広範なネットワークを形成・維持すると共に、
行き過ぎた暴走を予め抑制してもらう、という概要になっている。

なお、暴徒鎮圧等は、あくまで警官隊の任務に限り、
彼らにも物資を支給して活動に就いてもらう予定だ。
ただし相当の規模拡大時にはこの限りではない。

このオペレーションには、
私や藩王を含めた藩国部隊も参加をする。

国民全員が一致団結して、
この窮地を乗り越えよう。

……経済という、社会を構築する、最も強い力の暴走を許し、
諸君らの愛する者と、諸君らを危機に陥れたこと、
共和国の為政者の一員として詫びたいが、
そのためにも今は協力をお願いする。

レンジャー連邦を、よろしく頼む。

(城 華一郎)


2.r:の実行

藩国部隊を各種活動のために展開します。

r:藩国部隊によって、次に列挙するような種々の緊急対応を実行する
  • 政策内(http://www23.atwiki.jp/ty0k0/pages/250.html#id_d703bbdb)にて準備を進めていた、公共水利の確保と電力の優先供給措置を維持する
  • 自警団組織に対して、有事に際しての各地域の避難誘導および避難生活の準備を進めてもらうようお願いする
  • 軍を警戒体制のために各地で展開しつつ、自警団の活動に補佐程度の連携を加えることで、連携しつつも暴走を察知・制止するためのネットワーク形成オペレーションを執り行う
  • 警察に対して必要物資の現物支給での勤務をお願いし、より厳正なレベルでの治安維持に努めてもらう
  • 有刺鉄線(1km分)を必要に応じて現場へ支給

※T16編成(兵員輸送車ありの歩兵部隊です)
http://www28.atwiki.jp/check0ranger/pages/158.html
オペレート評価:40
偵察:27

※有刺鉄線の購入根拠:http://cwtg.jp/bbs2/nisetre.cgi?no=33034

(城 華一郎、むつき・萩野・ドラケン、三園晶)

なお、本文中のr:実行費用は次の通りに申請いたします。
(本件は質疑掲示板にも緊急で投稿させていただきます)

06:レンジャー連邦:-5
06-00158-01:城 華一郎:-5



10201102

経済の動揺への緊急対策のお知らせ


レンジャー連邦の皆さん、こんばんは。

本日は、tera領域・共和国諸藩の経済的動揺に対する、
緊急対策を行わせていただくためのご報告となります。


1.炊き出しの実施

第1回目の会場は、北都広場となります。
状況に応じ、この事態が早期に収束を見せることがない限りは、
以後も連続的に実施する予定です。

なお、会場は混雑が予想されますので、
警察、軍による会場警備もあわせて実施いたします。
国民の皆様も、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

レンタルショップ四季折々様より買取させていただいた炊き出しセットを使用いたします。
これにより、藩国のリソースより、食糧1万tを支出いたします。

#買取根拠:http://cwtg.jp/bbs2/nisetre.cgi?no=28018
#食中毒などがないように、炊き出し前に、NACさんより購入してある毒物検査キット等を使って検査し、食料の安全を確認します。


2.公共水利の確保

かねてより災害対策用水としても備えておりました、
公衆浴場の水を生活用水として順次開放させていただきます。

該当施設には循環型浄水システムが導入されており、
水質については問題ございません。

なお、この措置は、あくまで経済の長期的な機能不全に備えた、
セーフティラインの第一段階の発動であるため、万が一に備え、
使用水量に関しては制限を設けての実施となりますことを、
どうかご了承くださいませ。


3.公共施設への電力の優先確保

レンジャー連邦は燃料生産地を保有しており、
燃料を燃やしてのタービン発電による電力の自力確保が可能です。

病院を筆頭とする、
ライフラインの維持・管理に必要な諸施設に関しましては、
これらの能力を用い、優先して電力供給を持続することを、
皆さんに予めお伝えさせていただきますので、
どうかご安心ください。


4.地域互助のお願い

貨幣価値の急落に伴い、
生活に困窮なされる方が少なからず出ることと思われます。

高騰した生活必需品を得るため、
中には違法な手段に思い当たることもあるかもしれませんが、
自制をすると共に、
危急の物資欠乏が生じた場合は、互助の精神で、地域内での融通によって、
今しばらくを保つよう、ご協力ください。

また、苦しい時ほど心は荒みがちになり、
緊急避難的な自己正当化で、矛先をどこかに向けることを望む心も、
やはり生じることもあるかもしれません。

治安の悪化に備え、
自警組織の再結成を皆様にお願いするつもりでありますが、
何より手ごわい治安の対象は、間違いなく自身の心であり、
それには不安や恐怖を乗り越える行為が必要になります。

隣り合う手をしっかりと握り締め、
地に足を着けて立ち続けることを、
どうか皆様、よろしくお願いいたします。


(起草・対応協議:城 華一郎、むつき・萩野・ドラケン、三園晶)



92101102

財務活動のご報告


レンジャー連邦の皆さん、こんにちは。
過日の聯合報告に引き続き、ターン更新に伴うご報告をさせていただきます。


1.リワマヒ国さんからの食料購入

環状線等を経由し、食料10万t-10億と、
先方のご厚意により、市場の売値価格での取引を実施させていただきました。
こちらは有事の際のための備蓄、及び、編成に用いる予定となっております。

http://blog.tendice.jp/201011/article_7.html
にゃんザーズ中央市場(2日目終わり)
銘柄   買い 売り
食料   11 10


2.流通系藩国グループ支援金の受領

大統領府より、
鍋の国さんを経由して、2億の経済活動用支援金をご分配いただいております。

レンジャー連邦においては、
航法オペレートや航空産業による流通産業への参画もあり、
近日開催の産業振興博覧会等に、当資金を用いる構想です。


3.ターン毎費用及び罰金の拠出

本ターンも引き続き、
診療所、保育施設等への開設・運営支援を執り行ないます。

なお、本ターンはブライダル関連での注力も予定しており、
国籍を問わず、当国で大切な時を過ごされる方々の新たな門出を祝う準備も進めると同時に、
その後の生活も含めた支援である、当福祉政策の維持を、改めてお約束させていただきます。

また、去るターン16において、
費用の節減を行うべく政庁内にて募ったはずのマイル関連で、
政庁の見落としで罰金を生じてしまったことをお詫びします。

ありがたくも金庫番さんからのご指摘で自首することが出来ましたが、
今後は焦らぬよう、より時間にゆとりをもっての行動と決断を心がけ、
本末転倒とならぬよう、諸般の手続きを進める所存です。


4.最後に

直近の予定をご報告いたします。

軍事においては、藩国部隊編成のご報告を。
経済においては、就労支援のための準備を。

また、それらの両面において、
各国との協力体制も併せて発表いたします。

愛の国として、結びつく力の強さを信じ、
また1つ、団結を目指してのターンを重ねていくことになりますが、
政庁一同も、共に歩む皆様と力を合わせていけることを誇りとして、
頑張らせていただきます。


(城 華一郎)



81101102

T17聯合ご報告


レンジャー連邦の皆様、こんにちは。
本日は、聯合更新に伴う、種々のご報告をさせていただきます。


1.13ヶ国との締結:58億の支出

大統領府からの30億のご支援をいただき、
共和国内で、
財政的には大きく踏み込んでの聯合図を展開いたしました。

また、FEGの方々、紅葉国の方々からは、
レンジャー連邦の航法オペレート技術の利用をご希望いただき、
代わりとして多く費用負担を持っていただいております。


2.聯合の意図

第一に、航空産業の育成に注力した際、
提携させていただいた藩国の方々と優先的に結ばせていただきました。

第二に、聯合を求められた際、
交流の歴史の多寡を問わず、その全てを拒まずに結ばせていただきました。


3.T17展望

隣人と共にあること、また、和すこと。
言葉にすれば、ただ、それだけですが、
そのために何が必要であるかを、今一度、基本に立ち返り、
形にすることを目標といたします。

【繁栄】生活の景況に直結する、国内経済の雇用活性化。
【平和】その生活を守るための、外交力を含めた防衛力の証明。
【自己の確立】レンジャー連邦固有の文化を花開かせる。

以上の三本柱を求め、そのための歩みを、一つずつ、
皆様と共に進めていく所存でございます。



T17という、この時代の道行きを同じくさせていただくこと、
改めまして、どうか皆様、よろしくお願いいたします。

(城 華一郎)

添付ファイル