MMS

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○ MMS_Composerと日本語化http://asukal.net/blog/2006/09/mms_htcz.html
こちらを参考にインストールと設定http://www20.atwiki.jp/smartphone/pages/7.html
デコードエラーのメールもそのままMMS Composerで受信http://blogs.dion.ne.jp/shapo_ykp/archives/4679348.htmlをインストール

○ Y!ケータイに接続して一番下の設定・変更からsiメールのアドレスを取得しておく。

○ スタート → 設定 → 接続 → 既定の社内ネットワーク設定の新しいモデム接続の追加

接続名 MMS
モデムの選択 パケット通信
アクセスポイント名 mailwebservice.vodafone.ne.jp
ユーザー名 vodafonelive
パスワード qceffknarlurqgbl
ドメイン 空欄のまま

ここで一旦画面を閉じる → もう一度接続設定画面を出して

既定の社内ネットワーク設定の既存の接続を管理 → 全般 → これらの設定の名前をVFJP Network

接続はこれで終わり

○ OutLookを開く → MMS
メニュー → MMS設定 → サーバーのタブ → 追加
サーバー名 mailwebservice.vodafone.ne.jp
ゲートウェイ vfkkmmsproxy.vodafone.ne.jp
ポート 8080
サーバーアドレス http://mms/
接続装置 VFJP Network
送信サイズ制限 248K
WAPバージョン WAP2.0
終わったら、mailwebservice.vodafone.ne.jpを選択してデフォルトとして設定を押してから終了する。

○ 続いてレジストリ

HKEY_LOCAL_MACHINE → SOFTWARE → Arcsoft → ArcSoft MMS UA → Config → mm1 →○○○○○
○○○○○ は5桁の数字のフォルダが1つだけ出来上がっている。
Name mailwebservice.vodafone.ne.jp

WspHeader → User-Agent変更
User-Agent
Vodafone/1.0/V904SH/SHJ001
一旦電源を切る。

○ X01HTの電源を入れ、送受信して確認する。

上記でダメなら

○ proxyの設定

VFJP Networkの既存の接続 → プロキシの設定をタップ
プロキシサーバーを使用してインターネットに接続にチェック
サーバー名 vfkkwapproxy.vodafone.ne.jp
詳細設定をタップ → 種類のHTTPとSocksを編集
HTTPをタップ
サーバー名 vfkkwapproxy.vodafone.ne.jp
ポート8080
ユーザー名 vodafonelive
PW qceffknarlurqgbl
同様にSocks行をタップして種類Socks5選択
ユーザー名 vodafonelive
PW qceffknarlurqgbl


これでダメな時は以下参照

ハードリセットして設定し直して見ました。
windowsのバグがあるようでレジストリの反映が遅れるようです。
最初は受信メッセージのみでダウンロードや再送、送信ともにエラー。
一旦接続の(VFJP Network)プロキシを外してMMSのMMS設定→サーバーの設定内容を確認して、レジストリエディタで各書き換えるファイルを出して確認する。
ここで電源を切る。
起動させて接続のプロキシを再度設定しなおす。
電源を切る。
これで起動させて送受信ともに正常にできるようになりました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。