ラグナロク・ケーニッヒ

ラグナロク・ケーニッヒ



キャラクターデータ


種族 所属 精神エネルギー エニグマ 邪気の色
魔界 邪気中二力

登場話数


旧1、新1、9~11、15~17話

解説


1000年前に魔界を作った。
500歳だが、精神年齢は14歳の中二病
数十キロに及ぶ巨大な剣「マガツヒノカミ」で「界斬り」と呼ばれる空間破壊術を使う。
魔界消滅後は現世で人間として暮らしている。

作者による解説


魔界の神様でいつもは宇宙に居る。
最高数千体の自分の分身を作れる。分身体は地球で色々な活動をして円滑な魔界運営を行おうとしている。
サニーサイドアップレプタイルの戦闘ではレプタイルにちょっとだけ肩入れした。
半分は趣味の「人間苛め」の延長で、もう半分は魔界のパワー・バランスをきちんととる事が目的である。
自他共に認める中二病患者であり赤羊の戦闘癖の原因になっている。
大気中の大量の邪気は彼が発生させている・・・?

関連項目



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|


■ 雲林院水徒シリーズ

■ その他の作品


取得中です。

-
今日  -
昨日  -