レプタイル

正式名称は政府特務組織レプタイル。
『見世物の戦争ごっこ』に加わらない無法の赤羊を更正させるための公務員集団。

隊員の総数は不明。

作者による解説


世の中には皆と歩調を合わせて戦争しようとしない赤羊も居ます。
そういう人々をシメて更生させる為に政府が雇っている赤羊集団がレプタイルです。
彼らは上級中級下級とランク付けがあります。それらは実力によるランク分けで業務内容は大して変わりません。
お給料が安定して高いので不況時にはレプタイルに入ろうとする赤羊は多くなります。
同族をシメて回るのに「ココロがあると不都合だ」と口を酸っぱくして教えられます。
入隊すると高度な専門教育を受けられるので自然と実力は高くなるようです。
経験できる実戦回数も多く、良質な赤羊を多数有しています。
なお、単なる力試しであったり力を誇示する為に
普通に一生懸命戦争している赤羊集団と隊を組んで闘う事があります。それを非正規任務と言います。

メンバー


上級レプタイル

中級レプタイル

下級レプタイル

その他102名

後に離脱


活動履歴


南北赤羊親睦会

代表としてライマムクが参加。
ムクはシホと戦闘を行った。

第十一話サニーサイドアップ戦

ラグナロクによってもたらされたサニーサイドアップとの比較的大規模な戦闘。
下級レプタイル108名、サニーサイドアップ45名で某日午後一時から行われた。

戦死者


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|


■ 雲林院水徒シリーズ

■ その他の作品


取得中です。

-
今日  -
昨日  -