海北千代路

海北 千代路(カイホク・チヨジ)



キャラクターデータ


種族 所属 精神エネルギー エニグマ 邪気の色
赤羊 サニーサイドアップ 描力優力 未来予想図

登場話数


旧1、新1、2~11、15~17話

解説


美術部。ミナセの幼馴染で、かなり彼に依存している。
白衣はミナセが「やっぱ美術部員は白衣が最萌えだよなー」と言っていたため着ている。
周りの赤羊と比べると戦闘能力が著しく低く、幼い頃から精神的に不安定。
そのため現在に至るまで常に邪気がだだ漏れ状態。
成長し身に付けた「優力」でラグナロクの厨2病を治した。

作者による解説


ミナセが5歳の時にミズエさんが建てた孤児院で出会った金髪の少女。
親に名前を与えられなかったのでミナセが厳正の漫画のキャラ名にちなんでチヨジという名前を授けた。
その後、何かと世話を焼くミナセにいつのまにか惚れてしまう。
周囲の人々は「そりゃお前、タダの刷り込み(インプリンティング)なんじゃねーの?」と言っているが
チヨジ自身は「キッカケはそうかもしれないけど、今はミナセの不思議な雰囲気の虜です」と言っている。
ミズエさんに酷く気に入られていて彼女に「ミナセの嫁候補」と目されている。
もしかしたら冗談かもしれない。

ミナセに画才を誉められたのがキッカケで絵描きを志すが、14歳の時点で才能に行き詰る。
しかし戦闘に使うエネルギーの主力は描写力が上がるほど高まる描力(アートマン)であり
絵の修行は赤羊としての能力の向上に役立っている。

赤羊としての能力は凡才以上だがミナセ達の通う白峰中学では低い方である。
性格が奇跡的にとても優しいので幾分救われている感がある。

ミナセに恋心を告白した末に有耶無耶にされているが
ミナセのトラウマも理解しているので気長に待つ事にしている。

関連項目


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|


■ 雲林院水徒シリーズ

■ その他の作品


取得中です。

-
今日  -
昨日  -