メグツシュカ・ブレイクスリー

メグツシュカ・ブレイクスリー



キャラクターデータ


種族 所属 精神エネルギー エニグマ 邪気の色
赤羊 セーヌロメロリア 純然たる邪気 ジークムント、ムジーク

父:ナハトゥム・ブレイクスリー(人格はジークムントに移植されている)
母:アマーリア・ブレイクスリー(人格はムジークに移植されている)

登場話数


17、18話|

解説


セーヌロメロリア最強の赤羊。イザヤの第一の愛人(ラマン)。
自分が世界一不幸で、憎しみの力は誰よりも強いという自信がある。

作者による解説


セーヌロメロリア(現在のフランスにあたる)出身の赤羊。
イザヤの第一の愛人(ラマン)を名乗りだしたのは19歳の頃。イザヤがテレーゼと別れてから割とすぐ、である。
一説によるとイザヤが自棄になった事がきっかけで出来た関係だと言われている。
使用[[エニグマは大鎌の「ムジーク」。短剣の「ジークムント」である。
「ムジーク」には母親のアマーリアが、「ジークムント」には父親のナハトゥムの人格が、ちょうどナナミ文車のように移植されている。
使用する主要精神エネルギーは「純然たる邪気」であり、
つまり彼女の中では「世の中に対する恨み辛み」がココロの大きなシェアを占めているのである。
凄惨な過去がそのような状態になったキッカケだが、
父母を宿したエニグマとイザヤとの出会いにより、精神は安定傾向である。
現世の好きな作家はエドガー・アラン・ポーである。

関連項目



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|


■ 雲林院水徒シリーズ

■ その他の作品


取得中です。

-
今日  -
昨日  -