※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 伊坂幸太郎さんの作品で一番好きです。作品を全て出し終わっていないのに「一番」なんてなんか、申し訳ないような気もするけどコレが一番です。今現在ではw

 作品内容は「八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。」という話。こぴぺです。

 もともと伊坂ファンであるワタシなんですが、これが一番ですかね。(何回目だろ)まわりの評価とかはあんまりよくないですけど、個人的には、です。
 この作品って無駄にリアル感があるような気がするんです。現実的に考えると、たしかに地球に隕石かにかがあたって地球滅亡になるときって、事前に教えてくれますよ、きっと。だからそこのところが好きです。また、ほのぼのしている人間がやっぱり残ったので、この作品に出てくるキャラがみんなほのぼのしていて楽しかったです。



――途中