※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 シゴフミ二巻。最近シリーズものをいっきに読むようにしています。あと、この文をかいているのは七月九日という状態ですわい。
 どんなはなしなのかは一巻の紹介をみていただければおわかりになるでしょう。めんどくさかったらア●ゾンの紹介文を読んでください。

 一章『英雄になる瞬間』
 ながれで消防署に勤めることになっていた桜井進のはなし。
 消防署でのかったるい日々が続く中、シゴフミがとどく。そのシゴフミには住所がかいてあったりしており、「自分が死んでしまったが、隣にる妹は助けてくれ」という文章が。その子供を助けたことをはじめに、桜井は「英雄」といわれるようになり、、、、
 一章には文伽たちの出番はすくない。感想としては、まぁどっかにありそうなはなしだなとかおもった。あと、腑におちなかったところといえば文伽ですね。「助けて」とかいてあるシゴフミを何回かわたしたあとに「シゴフミを利用して英雄になるなんて」とかいってましたけど、シゴフミに「助けて」なんてかいてあったらいやでも助けないとだめでしょうに。むしろ利用したくなくても利用したことになってしまうのではないのだろうか、っつーことおおもった。
 最後のところは、ちと不満足。けど自分がかくとなったらああなるのかもしれない。

 二章『青い空、白い猫』
 若干「我輩は猫である」を連想させたけどまったく違う流れですよ。あと、このはなしもマヤマ目線。
 白い猫、カムイ。ご主人のちっちゃい女の子加奈子には自分で狩ができてほしい、とかいって、、、、
 感想はカムイがうざくってそんなに好きな作品でしたね。文伽の出番がまったくなかったというのもあるんですけどね。まぁ前回同様マヤマに心を理解できることはできないみたいですね。

 三章『キューピッド』
 題名道理のはなし。
 学校で友人たちの恋を必ず成功させることから恋のキューピッドこときゅーちゃんといわれている木村愛。木村愛は告白をさせる場所としてよく選ぶ花壇には園芸部のいい人、南野彰一。友人が「南野くんが好きなんだけど……」といわれ、さっそく駆動をさせてみるが心のどこかがひっかかる木村。二人がコンタクトを取った次の日に、、、、
 けっこう好きでしたね。キューピッドですか、好きなキャラです。もっとかきこみたいんですけどネタバレになるのでそんなにいえませんが、この巻で一番すきなはなしです。ちょいとかなしいはなしでしたけどね。