※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■基本データ
【名前】 相良 楓(さがら かえで)
【性別】 ♀
【年齢】 16
【PL】 如月葉月
【コロナ】 光翼騎士
【ミーム】 フォーリナー/
【ブランチ】顕現者/
【消費経験点】0(能力値:0 特技:0 装備:0 パスの追加:0 ブランチの追加:0)

■能力値/耐久力
【能力値】    肉体:7  技術:6  魔術:2  社会:7  根源:14
【戦闘値元値】  白兵:6  射撃:6  回避:7  心魂:7  行動:7
【戦闘値修正値】 白兵:6  射撃:6  回避:7  心魂:7  行動:12
【HP】     元値:15  修正値:128
【LP】     元値:10  修正値:10

■宿命/特徴/闘争/邂逅
 宿命:勇者  特徴:勇者の証  特徴効果:1セッション1回、被ダメージー10
 闘争:神殺し  邂逅: 

■初期パス
 【因縁】同級生からの友情

■準備された装備
 部位:名称(必要能力/行動修正/ダメージ/HP修正/射程/備考/参照P)
 右手 :               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 左手 :フレアリフレクタ       (必:【技術】3/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/ラウンドシールド相当品/SC153)
 胴部 :フレアフィールド       (必:【根源】10/行:―/ダ:―/HP:+55/射:―/エレメンタルアーマー相当品/SC153)
 その他:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 乗り物:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 予備1:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 予備2:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)
 予備3:               (必:―/行:―/ダ:―/HP:―/射:―/―/―)

■コロナ特技
【SC102/自動/自/常/なし】◆光翼の盾
 常にダメージ-[ソフィアが合致しているフレアの枚数×10]
【SC102/自動/自/オ/なし】◆銀の守護者
 宣:攻撃判定直後。[エンゲージ]内の攻撃対象を自身へ変更。
 【最大HP】+50
【SC102/-/自/オ/フ1】きらめきの壁
 宣:命中直後。対象が[範囲]の攻撃を自分1人に変更する

■ミーム特技
【LF098/自動/自/セ/5H】◆神性顕現
 シーン終了時まで[防:肉][防:技][防:魔]を得る
【LF099/防御/自/ダ/6H】イデア:悲劇
 宣:DR直後。対象の受けるダメージ-[【根】×2]
【LF099/DB/自/常/なし】※上位顕現体
 [顕現者]特技の[達成値]や回復、軽減量、ダメージを+【根】。CT値を下げる特技はさらにCT値-1
【LF098/回復/自/メ/5H】イデア:慈愛
 【HP】を[【根】×2]点回復
【LF099/-/自/オ/フ1】イデア:闘争
 〔Sin1〕宣:戦闘不能時。パスが5つ以上必要。。[戦闘不能]解除、[パスの数×5]だけ【HP】回復

■装備
[SC153]エレメンタルアーマー(部:胴/射:-/HP:+55)購:-/30
 【行】+5。ダメージ+【根】
[SC153]ラウンドシールド(部:片/射:-/HP:+8)購:10/2
 【回】+2
[LF197]薔薇十字の指輪 (部:-/射:な/HP:+0)購:-/3
 【根】+2。12を超えても構わない。1つまで所持可能

■属性防御
 肉体:○ 技術:○ 魔術:○ 社会:×

■戦術、設定、メモなど

  • 外見とか
名前:相良 楓(さがら かえで)
性別:♀
髪:黒のロングをアップにしている。
瞳:黒でメガネ
肌:白
身長:173cm
体重:56kg
乳:巨乳の類
腹:細め
尻:おっきめ
一人称:私
二人称:キミ

  • 設定とか
それは、楓が幼い頃から共にあった。
実のところ、彼女はいつでもトラブルに巻き込まれてきた。
道を歩けば暴走車が、銀行に入れば銀行強盗に、道を歩けば通り魔に、何故か暴力的なトラブルに巻き込まれてきた。
だが、それらに巻き込まれながら、楓は常に無事にすんできた。
なぜなら、それが常に彼女を護ってきたからだ。
それは、西洋甲冑を身にまとった金髪の美少女の形をとっている。
中学の時に初めて目にしたジャンヌ・ダルクの物語から、彼女はそれを”ラ・ピュセル”と名づけた。
”ラ・ピュセル”は常に楓と共にあり、彼女のために躊躇なく刃を振るうが、それを使うのはあくまで楓である。
楓はそのカオスフレアとしての力には振り回されてはいない。
この力にはきっと意味がある、そう信じて何故か遅い来る危険をさばきながら今日も元気に生きている。
危険が危ないため、彼氏とかそういったものからは縁遠いのが微妙な悩みではあるようだが。


|