※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テレウェイヴ 評判


株式会社テレウェイヴ 評判の子会社であるテレウェイブリンクスが運営する「スモール ネット ビジネス サポーターズ(SNBS)」ではカリスマ店長のインタビューをストーリー仕立てで毎週5回に分け配信しています。他、キーワード解説や便利ツール紹介から法律・税務の話まで情報満載です。早速ですが、テレウェイヴ 評判の子会社テレウェイブリンクスのサービスをご利用頂いている今週のカリスマ店長のインタビューを紹介いたします。野球専門のポータルサイトを目指している「ベースボールコミュニケーション」。「野球食人」など野球関連のコンテンツを充実させながら、そこにアクセスしてきたお客さんをネットショップに誘導させること――、安田さんの狙いは、そこにある。 それだけに、野球関連のコンテンツとテレウェイヴ 評判の子会社テレウェイブリンクスのサービス、ネットショップの“つながり”を強固にする必要がある。そこでスタートさせたのが「会員制」だ。大きな特典はポイントが付く仕組みだ。テレウェイヴ 評判の子会社テレウェイブリンクスのサービス、ネットショップで商品を購入すると、100円につき2ポイントが付与される。「ネットショップで買い物をして貯めたポイントは、『野球食人』に掲載されている飲食店で、飲食代の一部として、使うことができるんです。掲載しているほとんどの飲食店でOKの返事をいただいたので、利用価値は高いと思います」さらに、会員になる付加価値を高めるため、ホームランを打つためのコツやフォークボールの投げ方などの情報も提供していくつもりだ。とはいえ、こうした会員制を盛り上げていくには、テレウェイヴ 評判の子会社テレウェイブリンクスのサービス、ネットショップの充実が何より重要になってくる。ネットショップをオープンして、お客さんの声や要望などを通じて、安田さんは“新たな方向性”を見出した。それは、硬式野球の関連商品を扱うことだった。「当初は軟式野球の商品のみ扱っていたんですね。でも、運営していくなかで、硬式野球の商品のニーズがあることを知ったんです。現在は、両方の商品を扱っています」開業当初、軟式野球に絞ったのには理由があった。「差別化ですね。メーカーもゼットなどの野球用品の老舗ではなく、ナイキやアディダスなど、これから注目されるだろうメーカーにターゲットを絞ったのですが、ミズノやゼットの硬式野球の商品のニーズは、やはり高かったんです」その方向展開は、プラスに作用した。安田さんは、確かな売り上げアップを実感している。ネットショップの運営を根幹に、野球関連のコンテンツを多く揃えた、野球専門のポータルサイトを目指している安田さん。現在、新たなコンテンツの構築準備に追われている。 それは、野球留学のプロデュースだ。「まずは、小学生をターゲットに、アメリカの野球に触れることができる留学ツアーを準備しています。午前中は、スクールでアメリカ人の子供たちと一緒に、英語の勉強もできるなど、付加価値をつけています」知り合いを通じて、企画意図を熱く話したことで、野球留学は実現の運びとなった。今夏には、第一弾の留学ツアーを開催する予定だ。こうした野球関連のコンテンツ作りを行っていくうえで、安田さんは「野球業界」に、もっと入り込む必要性を感じている。「例えば、今冬、アテネ五輪の野球日本代表選手と小学生とがふれあうイベントが千葉の幕張メッセで行われたんですが、こうしたイベントに、積極的に顔を出していき、野球関係者に名刺を配り、自分の理念を伝えていくことが重要だと感じています。今、プロ野球界は、野球人気を取り戻すために、様々な活動をしています。私の取り組んでいることに、共感してくれる方も、多くいると思うんです。そうすれば、新しい可能性も見えてくると確信しています」安田さんは大学卒業後、一度は銀行マンになるも、法人営業担当として、多くの起業家と触れ合ううちに、起業家マインドが芽生えていったという。「何をすべきか考えたとき、私には“野球”しかなかったんです」と安田さん。その一念に、ゆるぎはない――。