秋田書店

  • 魔界城の冒険,180,小森豪人,B6判,85/12,少年チャンピオン・ホビーシリーズ アドベンチャーゲームブック
紀元1000年ころ-。中世のヨーロッパは、暗黒の時代であった。“悪魔の化身” が、あちこちにうろついており、なにかあると突然そのぶきみな正体を現す。 ここに登場する魔界城もまた、そんな悪魔たちの首領・魔王とその部下たちに よって支配された城である。 魔王とその部下たちは、毎日のように国のあちこちの町や村を訪れては弱い人 たちをいじめていた。武器を持たない村人たちは、魔王の部下のなすがままに されて、ただひたすら恐れおののいている毎日であった。 ちょうどそんな時、200年に一度現れるというギラギラ照り輝く強い太陽ばかり の日が半年続いた。そんな年には必ず正義の剣士が現れる、という伝説がある とおり、ある日、一人の若者がこの国にやって来た。 この本は、これから熱いハートでさわやかな青春の“英雄伝説”をつくろうと する、そんな君にささげるものである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。