金芳堂


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 鮮血の瀝り,61,石野博士,新書,90/11, メディカルアドベンチャー
本書では最近よくみられるスーパーアドベンチャーゲーム風にケーススタディーを取り扱った。 1つ1つのストーリーで読者は患者に遭遇し診断し治療する。 どんな問診をするか、検査をするか、治療をするかは読者自身が選ぶことになる。 正しい選択をすれば患者は助かるが、誤まれば最悪の事態へとストーリーは展開 していく。 といって成書を片手に型苦しく読んでいただく必要はない。 寝ころんで物語風に読む間に正しい知識が自然と身につくという、全く新しい タイプの入門書と考えていただきたい。
  • 恐怖の痙攣,54,石野博士,新書,90/11, メディカルアドベンチャー
本書では最近よくみられるスーパーアドベンチャーゲーム風にケーススタディーを取り扱った。 1つ1つのストーリーで読者は患者に遭遇し診断し治療する。 どんな問診をするか、検査をするか、治療をするかは読者自身が選ぶことになる。 正しい選択をすれば患者は助かるが、誤まれば最悪の事態へとストーリーは展開 していく。 といって成書を片手に型苦しく読んでいただく必要はない。 寝ころんで物語風に読む間に正しい知識が自然と身につくという、全く新しい タイプの入門書と考えていただきたい。
  • デッド・エンド,68,石野博士,新書,90/12, メディカルアドベンチャー
本書では最近よくみられるスーパーアドベンチャーゲーム風にケーススタディーを取り扱った。 1つ1つのストーリーで読者は患者に遭遇し診断し治療する。 どんな問診をするか、検査をするか、治療をするかは読者自身が選ぶことになる。 正しい選択をすれば患者は助かるが、誤まれば最悪の事態へとストーリーは展開 していく。 といって成書を片手に型苦しく読んでいただく必要はない。 寝ころんで物語風に読む間に正しい知識が自然と身につくという、全く新しい タイプの入門書と考えていただきたい。
  • 癌の雄叫び,162,若菜大輔,新書,91/06, メディカルアドベンチャー
本書では最近よくみられるスーパーアドベンチャーゲーム風にケーススタディーを取り扱った。 1つ1つのストーリーで読者は患者に遭遇し診断し治療する。 どんな問診をするか、検査をするか、治療をするかは読者自身が選ぶことになる。 正しい選択をすれば患者は助かるが、誤まれば最悪の事態へとストーリーは展開 していく。 といって成書を片手に型苦しく読んでいただく必要はない。 寝ころんで物語風に読む間に正しい知識が自然と身につくという、全く新しい タイプの入門書と考えていただきたい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。