魔王【まおう】

(第六天魔王、セゼク=ヴァスキア=バナルパス、大魔王オクトュム)
2000の魔物たちや四天王を統べる王だが、服装は変態ビキニ。
王様よりは人格者で部下からも慕われているが、尊敬されているかは微妙。
には良き夫、には良き父親だが、今では末期の親馬鹿で
世界の破壊を企み、アレックスたちと戦っていた頃の面影は無い。
得意魔法はダークネスⅢで、その具現化が魔王城に住んでいる。

家族ができたことで、なんかもう世界の破壊だとか征服だとかはどうでもよくなってしまったご様子。
王国・勇者軍とは、直接的に敵対関係となっていることは少なくなった。
現在ではRTP王国からポテチを盗んだり、些細ないたずらを行ったりしては、王様から魔王討伐を命じられたアレックスに吹っ飛ばされる事が殆ど。
結果、敵組織の首領にしてはあまりに茶目っ気と可愛げのある人物という印象が定着した。
時には宿敵のはずのアレックスと普通に世間話をしていたり、王様とパソコンゲームをすることもある。
「もしもの世界の長い一日」では、ポテチコンプレックスで起きた事件を解決すべく真っ先に協力を申し出る等の好漢ぶりを見せた。
一方でおまけでは「世界や宇宙の征服など流行らないし、事情を抱えた悪役などありきたりで、悪役としての威厳を保つためにはどうすればよいか」
という悩みを吐露しており、魔王様自身も、もしもシリーズにおける自分のあるべき立ち位置にかなり悩んでいるご様子。
「もしも魔王に隠し子がいたら」では、隠し子であるマーディンまで発覚して
騒動を引き起こしたりもしたが、最終的に妻と仲直りして仲良く暮らしていたりもする。

関連キャラ






カテゴリ:魔王軍
添付ファイル