インピーダンス・ミスマッチ

インピーダンス・ミスマッチ

読み:いんぴーだんすみすまっち
英語:impedance mismatch
別名:

意味:
インピーダンス・ミスマッチとはオブジェクト・モデル?リレーショナル・モデル?のデータ構造の違いのこと。

HTTPのようなステートレスな通信においてデータの永続性?を保ちたい場合、データベースを利用するのが一般的である。
しかし、単なるスカラー値であればそのまま保存すれば問題ないがオブジェクトとなるとその構造や関係性までをテーブル構造のリレーショナル・モデルに変換するのは非常に複雑になる。
そのためこの問題をインピーダンス・ミスマッチと呼び、多くの人たちを悩ませている。

元々は電気工学用語のため直訳では意味が通じないが、電気工学によるインピーダンスの出力側と入力側の整合の様子からこの言葉が比喩として使われはじめた。

このインピーダンス・ミスマッチを解決する方法をO/Rマッピングと呼び、様々なツール?フレームワークなども開発されているが速度や性能などまだまだ課題は多い。


2007年12月29日


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。