井の中のふたり ◆M91lMaewe6


俺が目を開けると、さっきと変わらない夜の風景がそこにあった。
見張りを終えた俺はすぐに寝付き、すぐに目が覚めてしまったようだ。
俺はさっきまでのレナを思い出した。あまり大丈夫そうには見えなかった。

俺もそうだったけどあいつも出会った時、かなり殺気立ってたような気がする。
俺よりも……あいつが休んだほうが良いんじゃないかと思う。
……もう少し横になれば、起きてレナと見張りを交代できるくらいにはなれるよな。
そう考えながら、俺は支給品のことを考える。
レナの鉈とコンバットナイフ。
武器は武器だが正直言って、心細い。
もし他の参加者の支給品の中に銃器があるとする。
殺し合いに乗った奴がそんなのを持ってたら、俺とレナは太刀打ちできないだろう。
……闇討ちして、怪しい奴から奪う手を思い浮かべそうになるがやめる。

最初からこんなんじゃ、協力して脱出なんてできっこない。
表に出てしまったらどうするんだ。
それに……できれば銃なんて使いたくない。
俺は雛見沢に来る前の忌まわしき過去を思い出し、ため息をついた。

魅音達とそれ以外の参加者を味方につける。これは脱出する必要条件だろう。
だけどそう簡単にうまくいくとは思えない。
俺達もそうだが、向こうも他人を易々と信用しないだろう。
俺達と他の参加者に共通する、明るい材料がほしい。

俺はそれを探すべく、ゲーム開始時のギガゾンビのルール説明を思い出していった。

★★★

「……」

案の定、レナは緊張した様子だった。
俺はわざと物音をたて、小声でレナに話しかけた。
「おい……レナ……」
「……け、圭一くん、まだ早いよ」
「見張り、代わろうぜ」
レナはきょとんとした表情で目をぱちくりさせた。
「お前、俺より疲れてるだろ?放送になったら起こしてやるから」
「え?どうして?駄目だよ」
思った通りの反応だった。
俺はそんなレナを見てしょうがないなと思いつつ言った。

「だったら一緒に起きてようぜ。俺、また疲れたら寝るからさ」
「…………う、うん、分かった」
レナは迷っていたが、渋々そう答えた。
俺は少し距離を取りつつ、レナの背後を守る形で座り込む。

「…………」
「…………」

俺達は一言も発しないまま、ただ時間が流れていくのを感じ取る。
俺はさっき浮かんだ策をいつレナに言おうかと、タイミングを見計らっていた。
レナから話しかけてくる様子はない。
首輪への恐怖を抑えつつ、多分時間にして2.30分位経ってからレナに話を持ちかけた。

★★★

放送前後の方針を決めた俺達は少しずつ、北へと進む。
上を見上げると、空が少し明るくなったような気がした。
もうすぐ、放送か?
「圭一くん……本当に……」
「……ああ」
レナは気が進まない様子だった。
俺も逆の立場だったら反対してたかも知れない。
だが、力も武器も貧弱な俺達が生き残るには色んなものが必要だ。
俺はこれから試す。地図の外に出たら、どうなるかを。
即、首輪を爆破されるかも知れないとレナは危惧してるようだ。

その点については俺は大丈夫だと思う。
わざわざ、これだけ大がかりな舞台を用意したんだ。
あの時に奴に食って掛かった人達はともかく、余程のことがない限り、
他の参加者相手に自ら手を下すことはないだろう。
万が一の心配もあって、それも怖いが……その為の確認だ。
もし爆破されないなら、奴のゲームに対する姿勢もある程度分かるし、
奴の居場所も地図の中の可能性が高くなる。

他の参加者も既に試してるかもしれないが、俺とレナがその情報を得るだけでも価値がある。
そう信じたい。
俺はレナを手で制し、前へ進む。
雛見沢に来る前の俺とは違うという証明のための前進でもある。

「…………」
背後にレナの息が聞こえた。俺が声をかける前にレナは言った。
「私も……一緒にいくよ」
俺は犠牲になるとしたら俺一人でいいと、止めようとする。
レナは俺を追い越すと前へどんどんと進んだ。
俺はあわてて追いかけた。
空が光ったような気がした。

放送が始まった。














『警告します。禁止区域に抵触しています。
 あと30秒以内に爆破します』


【A-2森・北部 初日 早朝】

【前原圭一@ひぐらしのなく頃に】
[状態]:正常。
[装備]:鉈@ひぐらしのなく頃に
[道具]:支給品一式
[思考・状況]
1:魅音、沙都子、梨花との合流、ゲームの脱出。
2:高校へ向かい、人が出るのを確認してから中に入る。情報収集。
3:マーダーと出会ったらレナを守る。殺すことに躊躇はあるがやる時はやる覚悟。
4:仲間になりそうだったら様子を見た上で判断する。
5:レナが心配。

【竜宮レナ@ひぐらしのなく頃に】
[状態]:比較的正常。祟りへの恐怖。
[装備]:コンバットナイフ
[道具]:支給品一式
[思考・状況]
1:魅音、沙都子、梨花との合流、ゲームの脱出。雛見沢に戻って、オヤシロ様に謝る。
2:圭一の方針に従う。
3:マーダーと出会ったら容赦なし。どちらかというと武器は圭一が持ってる鉈がいい。
4:仲間になりそうだったらは圭一の判断に従う。
でも自分の判断でダメだと思ったら、可能であれば殺す。
5:もしも脱出が不可能なら……?


時系列順で読む


投下順で読む


62:敵はどこだ 前原圭一 124:Lie!Lie!Lie!
62:敵はどこだ 竜宮レナ 124:Lie!Lie!Lie!





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー