シェル変数


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • シェルが利用する主な変数
ユーザが利用する言語にはプロンプトの形など、シェルが動作する上で必要となるさまざまな情報は、変数に保存されます。
シェルの変数には任意の文字列を格納することができます。

変数 説明
HOME ユーザのホームディレクトリ
HOSTNAME ホスト名(コンピュータ名)
LANG ユーザの言語処理方式
PATH コマンドを検索するディレクトリパス
PS1 プロンプトの書式
PWD カレントディレクトリのパス
UID ユーザID
USER ユーザ名

  • 値の設定
変数に値を設定するには、次の書式を利用します。
【書式】
 変数名=値

次の例では、varという変数に「Linux」という値を設定しています。
$ var=Linux
変数名は、大文字と小文字を区別します。

変数の内容は、echoコマンドを使って確認できます。
$ echo $var
Linux
変数名の頭には「$」を付けてください。

  • 変数の有効範囲
変数の内容は、シェルが終了すると失われます。
また、変数の有効範囲は、変数を定義したシェルの中だけです。
$ var=Linux  ←変数varに値を設定
$ echo $var  ←変数varの内容を表示
Linux
$ bash     ←新しいbashを起動
$ echo $var
               ←変数varの内容は何も表示されない
$ exit     ←新しいbashを終了
$ echo $var
Linux     ←元のbashでは、変数varの内容が表示される
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|