arp


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ethernetでリモートホストと通信を行う場合、相手のホスト名からIPアドレスに変換するのはDNSやhostsファイルで行い、
さらに低階層ではIPアドレスとMACアドレスの関連を調べて目的ホストへパケットを届ける。
IPアドレスとMACアドレスの関連リストをカーネルはARPキャッシュに蓄える。
arpコマンドはカーネルのAPTキャッシュを操作する。
Linuxカーネルでは、/proc/net/arpにarpキャッシュが記述されている。

書式
arp [オプション] [ホスト名]

オプション
|オプション|説明
-n 名前解決やポート名、ユーザ名の解決を行わず、IPアドレスで表示
-a [ホスト名] ホスト名が指定されている場合は、そのホストに関するARPキャッシュ、指定されていない場合は、持っているARPキャッシュを表示
-d ホスト名 指定したホストをARPキャッシュから削除
-f ファイル名 ファイルを指定してARPテーブルに追加。ファイルが指定されていなければ/etc/ethersを利用
-i インターフェイス 利用するインターフェイスを指定
-s ホスト名 MACアドレス 指定したホストを指定したMACアドレスでarpエントリを作成

arpキャッシュを削除する
# arp -d 192.168.8.200

arpキャッシュを作成する
# arp -s 192.168.2.200 00:20:11:11:11:11
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|