mdadm


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

mdadmコマンドの主なオプション

CREATEモード
-C (--create) mdデバイス … 作成するRAIDアレイを指定する
-a             … 必要であればデバイスファイルを自動的に作成する
-c サイズ          … チャンクサイズを指定する(KB単位)
-l (--level) レベル    … RAIDレベルを指定する
-n (--raid-devices)数  … アクティブな構成デバイス数を指定する
-x (--spare-devices)数  … スペアデバイスの数を指定する

MANAGEモード
--manage    … MANAGEモードとする
-a (--add)   … 構成デバイスを追加する
-r (--remove) … 構成デバイスを削除する
-f (--fail)  … 構成デバイスに不良マークを付ける

MISCモード
--misc         … MISCモードとする
-Q (--query)      … RAIDの状態を表示する
-D (--detail)     … RAIDの詳細な情報を表示する
-E (--examine)    … 構成デバイスの状態を表示する
--readonly       … 読み取り専用にする
 --readwrite     … 書き込み可能にする
 --stop mdデバイス名 … RAIDアレイを停止する
 --stop --scan    … 全てのRAIDアレイを停止する

RAIDアレイの作成はCREATEモードで行います。次の例では、/dev/sda1、
/dev/sda2、/dev/sdb1から構成されるRAID1のRAIDアレイmd0を作成しています。
アクティブなデバイスは2つで、1つは予備としています。

# mdadm -C /dev/md0 --level 1 --raid-devices 2 --spare-devices 1 /dev/sda1 /dev/sdb1 /dev/sda2
  mdadm: array /dev/md0 started.

RAIDアレイの状態は、/proc/mdstatファイルで確認することができます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|