tail


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

tailコマンド


指定したファイルの末尾から指定した行数(バイト数)を表示します。
オプション指定なしで実行した場合は、末尾10行が表示される。
オプションで[-f]なんかは性能試験によく使う。

【構文】

tail [オプション] [ファイル名]

【オプション】

-c N ファイル末尾の"N"byte分の文字列を表示する
-n N ファイルの末尾から"N"行分表示する
-f ファイルの内容を監視し、表示を更新する
-s N "-f"オプションと併用すると、表示を"N"秒毎に更新する
-q ファイル名を表示しない(デフォルト)
-v ファイル名を先頭に表示する
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|