tune2fs


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

tune2fsコマンドは、ext2ファイルシステムのさまざまなパラメータを設定する。
たとえば、ファイルシステムをfsckコマンドでチェックする感覚を指定することが出来る。
調整するファイルシステムはアンマウントしておくか、読み取り専用でマウントしておく必要がある。

書式
tune2fs [オプション] デバイス名

tune2fsコマンドの主なオプション
オプション 説明
-c 回数 チェックなしでマウントできる最大回数を指定する
-i 時間 ファイルシステムをチェックする最大の時間間隔を指定する
-j ext2ファイルシステムをext3ファイルシステムに変換する
-L ファイルシステムのボリュームラベルを指定する

次の例では、/dev/sda5のファイルシステムをext2からext3に変換している
# tune2fs -j /dev/sda5
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|