lvextend


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボリュームグループに空きがあれば、論理ボリュームを拡張することができます。
この際、システムを再起動する必要はありません。
論理ボリュームを拡張するには、「lvextend」コマンドを使います。
次の例では、論理ボリューム/dev/testvg/lv01のサイズを300MB拡張しています。
# lvextend -L +300M /dev/testvg/lv01
Extending logical volume lv01 to 800.00 MB
Logical volume lv01 successfully resized
この場合は、ファイルシステムまで自動的に拡張されるわけではありません。
ext2/ext3ファイルシステムの場合、resize2fsコマンドを使ってファイルシステムサイズを
広げる必要があります。また、あらかじめe2fsckコマンドを使ってファイルシステムの整合性を
チェックしておく必要があります。
# e2fsck -f /dev/testvg/lv01
e2fsck 1.35 (28-Feb-2004)
Pass 1: Checking inodes, blocks,and sizes
Pass 2: Checking directory structure
Pass 3: Checking directory connectivity
Pass 4: Checking reference counts
Pass 5: Checking group summary information
/dev/test/lv01: 11/128016 files (9.1% non-contiguous) , 26700/512000 blocks

#resize2fs /dev/testvg/lv01
resize2fs 1.35 filesystem on /dev/testvg/lv01 to 819200 (1K) blocks.
Resizing the filesystem on /ev/testvg/lv01 is now 819200 blocks long.
ReiserFSの場合は「resize_reiserfs」コマンド、
XFSの場合は「xfs_growfs」コマンドを使ってファイルシステムサイズを
論理ボリュームのサイズに合わせることができます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|