パッケージ管理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パッケージとは

ソフトウエアのプログラム本体やライブラリ,
マニュアル,設定情報などをまとめた1つのファイルの事をいう。
このシステムを「 パッケージ管理システム 」と呼ぶ。

パッケージ管理の利点

•ソフトウェアのもつ依存関係に関する情報の把握
•ソフトウェアのインストールの記録
•不要になったソフトウェアのアンインストール

【ソフトウェアのもつ依存関係に関する情報の把握】
ソフトウェアの中には、別のソフトウェアがインストールされていることを前堤としているものもあります。
このような場合パッケージ管理を行うことで、
その情報を同一の手段で取得することが可能になります。

【ソフトウェアのインストールの記録】
システム内のファイルがどのソフトウェアのために存在するのかを把握することが容易になります。
あと、パッケージの情報として、ソフトウェアのバージョンや、
システムにインストールされた日付などを記録しておくことにより、
ソフトウェアの情報を得ることが容易になります。

【不要になったソフトウェアのアンインストール】
ソースからコンパイルしてインストールしたソフトウェアは、
システムからのアンインストールが困難な場合もあります。
パッケージとして管理することにより、
ソフトウェアのアンインストールが容易になります。


パッケージ管理の種類

パッケージは管理は大きく分けて、Debian形式とRPM形式の2種類がある。

【Debian形式】
Debian系のディストリビューションで利用されている形式。
パッケージ管理作業にはdpkgコマンド、dselectコマンド
APTツールなどが使われる。



【RPM形式】
RPM形式は、RedHat系ディストリビューションを中心に利用されている形式。
パッケージ管理作業にはrpmコマンドが使われる。

rpmパッケージ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|