bonding(teaming)設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NICが2枚以上搭載されているサーバでは、NICを冗長化することより
ネットワーク障害の際にNICを切り換えて業務を継続することが可能となる。

Bonding ドライバーの動作モード

モード1 : active-backup

基本は運用待機構成。運用のNICやNWに障害があった際に待機のNICへ切り替える。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|