クリ率とクリダメ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラテールにおけるクリティカルを考慮した総ダメージを比較する。
通常ダメージ平均をL、クリティカル確率をp、クリティカルダメージをK
アイテムipKの変化量をそれぞれs_{i}t_{i}とすると総ダメージ平均は

D_{i}[p,K]=L\{(p+s_{i})(1.5+K+t_{i})+(1-p-s_{i})\}

=L\{(p+s_{i})(0.5+K+t_{i})+1\}

偏微分して一階の条件を求めると、

\frac{\partial D_{i}[p,K]}{\partial p}=L(0.5+K+t_{i})=0
\frac{\partial D_{i}[p,K]}{\partial K}=L(p+s_{i})=0

したがって、総ダメージが最大となるクリティカル確率とクリティカルダメージは

\frac{s_{i}}{t_{i}}=\frac{p}{0.5+K} \tag{*}

例1:レモネードとホットチョコの比較


レモネードはs=0.02であり、ホットチョコはt=0.2である。\tag{*}より

0.02(0.5+K)=0.2p \Leftrightarrow K=10p-0.5のとき最大であるので、

K>10p-0.5ならレモネード、K<10p-0.5ならホットチョコのほうが有用である。

たとえばp=0.3K=0.9のときホットチョコのほうが有用である。

例2:鳳凰・虎の証とギルドアクセの比較


鳳凰・虎の証ともに+9の幸運55+19のクリティカル確率を1~2%とすると、

鳳凰・虎の証はs_{1}=0.065t_{1}=0、ギルドアクセはs_{2}=0.02t_{2}=0.2である。

D_{1}[p,K]-D_{2}[p,K]

=L\{(p+0.065)(0.5+K)+1\}-L\{(p+0.02)(0.7+K)+1\}

=L\{(p+0.065)(0.5+K)-(p+0.02)(0.7+K)\}

=L\{-0.2p+0.045K+0.0185)\}

K>4.44p-0.41なら鳳凰・虎の証、K<4.44p-0.41ならギルドアクセのほうが火力は高い。

たとえばp=0.2K=0.8のとき鳳凰・虎の証のほうが火力は高い。

同様にギルドアクセ+4はs_{3}=0.04t_{3}=0.2であるから、

D_{1}[p,K]-D_{3}[p,K]

=L\{(p+0.065)(0.5+K)-(p+0.04)(0.7+K)\}

=L\{-0.2p+0.025K+0.0045)\}

K>8p-0.18なら鳳凰・虎の証、K<8p-0.18ならギルドアクセ+4のほうが火力は高い。

たとえばp=0.2K=0.8のときギルドアクセ+4のほうが火力は高い。

ただし上記の比較は総ダメージのみの比較でありKB可能性などは考慮していない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|