JaneXeno @ ウィキ URLExec.dat

URLExec.dat

強制的に再読み込みさせるには

Nida080105
  • 設定を「よろし」で閉じたとき、ReplaceStr.txt/URLExec.datが更新されて
 いれば再読み込みするようにした(元ネタ:JaneStyle)

仕様


  -------------------- 以下JaneStyle.txtから引用 --------------------
・条件が一致するURLをURLクリック・マウスオーバーで外部プログラムに送る機能を追加
 URLやファイル名、拡張子ごとに個別のアプリケーションを起動させる事が出来ます。
 Jane Styleをインストールしたフォルダに「URLExec.dat/URLExec2.dat」があれば
 起動時にこれらを読み込み、この機能を有効にします。
 ※SHIFTキー押下時はこの機能を一時的に無効にします。
 ===========================================================================
 URLExec.dat…URLクリック時に機能を動作させるのに必要なファイル
 URLExec2.dat…URLマウスオーバー時に機能を動作させるのに必要なファイル
 ===========================================================================
 ・URLExec.dat/URLExec2.datの書式(正規表現を使用)
  URLマッチングパターン[TAB]置換パターン[TAB]開くコマンド
  ※[TAB]はキーボードの【Tab】キーでインデントして下さい。
 ・コマンドに使用可能な置換文字列
  $URL 置換後のURL
  $BASEPATH アプリケーションのフォルダ
  $POSX マウスのX座標
  $POSY マウスのY座標
 ・記述例
 ===========================================================================
 例:http:// で始まり.zipまたは.lzhで終わるアドレスをIrvineで開く
 http://.+\.(zip|lzh)$[TAB]$&[TAB]"C:\Program Files\irvine\irvine.exe" $URL
 swfファイルをFlash Player EXで開く
 http://.+\.(swf)$[TAB]$&[TAB]"C:\Program Files\FlashPlayerEx\fpex.exe" $URL
 YouTubeの動画をTubePlayerで開く
 http://(?:www\.)?youtube\.com/watch\?v=[TAB]$&[TAB]"C:\Program Files
 \TubePlayer\TubePlayer.exe" $URL
 ===========================================================================
 --------------------------- 引用終わり ----------------------------

以上はNida070419より搭載。

 ・URLExec.datのコマンドで使用可能な置換文字列に「$BROWSER」を追加。
 設定の「ブラウザを指定する」がオンならば指定した「ブラウザのパス」、
 オフならば標準ブラウザのパスで$BROWSERを置換する(元ネタ:JaneStyle)

 ・設定を「よろし」で閉じたとき、ReplaceStr.txt/URLExec.datが更新されて
 いれば再読み込みするようにした(元ネタ:JaneStyle)

以上はNida080105より搭載。