※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

船橋 :こんばんはー

小笠原ゲームで参りました

芝村 :記事どうぞー

船橋 :こちらです。

http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1142&reno=1013&oya=1013&mode=msgview

芝村 :イベントは?

船橋 :今回は何も考えてなかったんですが、どんなイベントが有りますか?

芝村 :やりたいことのタイプ言えば、近いの探してくるよ。

芝村 :なければ適当に見繕うよ

船橋 :では何か適当にお願いしますー

芝村 :2分待ってね

船橋 :はい。よろしくお願いします

芝村 :/*/

芝村 :猫が一杯いる。

芝村 :柱は貴方を見ている

船橋 :「猫かわいいなー」

芝村 :柱:「こんなに一杯、どう……したの?」

船橋 :「んー?いや、俺も良く分からないんだが…」

船橋 :どんな場所でしょうか

芝村 :キノウツンのメイド育成学校

芝村 :今日は、猫の里親探しだよ

船橋 :おぉうw

船橋 :里親探しですか…

芝村 :開園まで1時間ある

芝村 :その間をぬって、柱ときてるわけだ。

芝村 :今日は20匹いるね

船橋 :全部子猫ですか?

芝村 :ええ。

芝村 :生まれて一番長いのでも、3ヶ月だ。

芝村 :柱はもはや我慢できなさそうな感じだ。

船橋 :「どうした?」

芝村 :柱:「あ、あのね」

芝村 :柱:「猫……」

芝村 :柱:「さわっていい?」

船橋 :「ああ、もちろん。いいよ」

船橋 :子猫を一匹抱いて空歌に渡します

芝村 :柱は大事そうに抱いて、貴方を見て微笑んだ。

芝村 :嬉しそうというか。あれ、大人びて見える。

船橋 :「んー、親猫がいないようなんだが」

芝村 :柱:「わ、私が全部もらっても」

船橋 :「いやまあまて。その前に二人で親猫を探してみないか?」

船橋 :「もらうかどうかはその後で決めた方がいいんじゃないかな」

芝村 :柱:「そうですよね・・・」

芝村 :柱は落ち込んだ。

芝村 :しょんぼり

船橋 :「そう落ち込むなって。まだ飼わないとは言ってないんだから」

芝村 :柱:「うん……」

芝村 :柱は子猫にゆびを噛まれて嬉しそうだ。

芝村 :貴方を見て笑顔になった

船橋 :「ああ、いい笑顔だなあ…」

芝村 :柱:「子猫?」

船橋 :「いんや、空歌のこと」

芝村 :柱:「船橋くん、子猫の笑顔わか」

芝村 :柱は凍った。

船橋 :「ははは。さあ、そろそろ探しに行こうか」

船橋 :「っていっても何から始めりゃいいのか」

芝村 :柱:「だれかにきく・・・?」

船橋 :「そうだな。近くにいる人に聞いてみようか」

芝村 :柱はまってる。

芝村 :というか、性格上知らない人と話せない

船橋 :周囲で聞き込みします

芝村 :すぐにきけたよ。

芝村 :1時間して開門、メイド学生殺到。昼までには全部売れるようだ

船橋 :ええーw

船橋 :誰が売ってるんですか?

芝村 :いや。お金じゃないよ。引き取り手。

芝村 :猫飼う人、多いから

船橋 :ああなるほど

芝村 :柱:「……」

芝村 :柱はさっきから貴方を心配そうに見ている

船橋 :「んー」

船橋 :「親猫はいないのかな。里親候補はいっぱいいるみたいだが」

芝村 :柱:「そうだね・・・」

芝村 :柱は2匹子猫を抱いてる

芝村 :黒と白

船橋 :これ全部引き取りて気待ってるんでしょうか?

船橋 :引き取り手決まって

芝村 :きまってないよ。

芝村 :早い者勝ち

船橋 :おお

船橋 :「空歌」

芝村 :柱:「はい」

船橋 :「全部飼うのはいくらなんでも手が足りないけど、いま抱いてるその二匹だけならもらってもいいんじゃないかな」

芝村 :柱は顔を輝かせた。

芝村 :柱:「ほ、ほんとう?」

船橋 :「ああ。問題ないと思うよ」

船橋 :「空歌なら世話を放棄することもないだろうしね」

芝村 :柱は貴方に抱きつきたかったが。猫もってるので出来なかった。

芝村 :かわりに、照れて笑った。

船橋 :「ははは。ああ、そうだ。名前決めないとな」

船橋 :「名前、空歌が付けるか?」

芝村 :柱:「あのね、あのね」

芝村 :柱:「黒猫が船橋」

芝村 :柱:「白猫が・・・くー」

船橋 :w

芝村 :柱:「で・・・」

船橋 :「ええ?それ名前読んだ時に間違えそうだけど…まあいいか」

芝村 :柱:「じゃ、せんきょ?」

船橋 :「え、せんきょ?なんで?」

芝村 :柱:「船橋だから、せんきょ・・・」

船橋 :「ああ、そういうことか」

船橋 :ぽんと手を打つ

船橋 :「じゃあそれで。くーはそのままでいいよな」

芝村 :柱:「うんっ」

芝村 :柱は子猫かかえてくるくるまわってる。

芝村 :柱:「なかよくしようねー」

船橋 :「ああもう、かわいいなあ」

芝村 :柱:「子猫いいよねー」

船橋 :「ああ、もちろん子猫もだが」

船橋 :軽く抱き寄せます

船橋 :>空歌を

芝村 :抱き寄せた。

芝村 :柱。息を呑んでる。

船橋 :「空歌はもっとかわいいな」

船橋 :キスします

芝村 :キスは失敗した。貴方は後頭部にチョークがぶつかって倒れた。

芝村 :柱:「きゃー!」

船橋 :「いてぇっ!」

船橋 :ばったり

芝村 :柱:「船橋くん、船橋くん」

船橋 :「う~ん…」

芝村 :柱は頭の上に猫をおいて貴方をかかえた

船橋 :「い、一体何が?」

船橋 :周りを見ます

芝村 :遠くに、高原がいる。

芝村 :にやっとわらってた

船橋 :「…」

船橋 :「えーと。なんだこれ

芝村 :校長室からだった

船橋 :校長室というと…

芝村 :高原:「風紀乱すなよー」

芝村 :高原はメイド学校の校長だよ

船橋 :あれ?

船橋 :メイド学校の校長はアシタだったようなw

芝村 :高原です(笑)

船橋 :いつのまにーw

芝村 :ふみこ+ヴィクトリーよんだときかな

船橋 :「風紀ね。そういえば学校だったっけ…不覚」

船橋 :起きます

芝村 :起きた

芝村 :起きた時に心配そうに覗き込んでた柱にぶつかった。

芝村 :猫が逃げた。

芝村 :唇を柱がおさえてる

船橋 :「あっ」

船橋 :逃げた猫は抱えてた二匹ですか?

芝村 :ええ。

芝村 :柱はすぐに我に返って猫探し出した。

船橋 :「えーと……あー、せんきょー!くー!」

船橋 :とりあえず誤魔化して探しますw

芝村 :はい。

芝村 :/*/

芝村 :お疲れ様でした(笑)

船橋 :お疲れ様でしたー

芝村 :(仮)はずれました

船橋 :ありがとうございますw

芝村 :名前変更、よろしく(笑)

芝村 :+1+1

船橋 :はいー

船橋 :うまくいったかなーと思ったらこんな展開にw

芝村 :高原のナイスアシスト

船橋 :あれは…ナイスなんでしょうか?w

船橋 :しかしまあ、何とか第一関門突破

芝村 :おめでとー

船橋 :ありがとうございます。

芝村 :秘宝館には1・1で依頼出来ます

船橋 :ところで猫はアイテム登録する必要有りますか?

船橋 :はい。

芝村 :はい。では解散しましょう。お疲れ様でした。

芝村 :登録しておいて

船橋 :了解です。お疲れ様でした。