※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鳳凰寺風


「魔法騎士レイアース」のメインキャラの一人。
読み仮名は「ほうおうじ ふう」。大人しい天然寄りメガネっ娘。
弓道部に所属しているために、弓術が得意。それゆえにエスクード入手前は弓を武器としていた。
テーマカラーは緑とされ、風の魔法を使いこなす。
得意魔法は「癒しの風(回復系)」と「緑の疾風(攻撃系)」
口調は常に敬語で、仲が良くても礼儀を忘れないとされている。
ただしギャグ描写などでは『黒い』描写が多いキャラであり、更にそれ抜きでも伝説の鉱物エスクードを入手するための試練で、最も大切な存在として『自分自身』が出てきたとんでもない少女。
たくさんの人達に恩返しする為には自分が生きていないと何もできないという現実的理屈によるものだが、この手の試練でこんな代物と戦ったキャラクターは他に類を見ない。
CVは笠原弘子。

【関連人物への呼称】
一人称→私
獅堂光→光さん
龍咲海→海さん

【本編での動向】
早々に君島邦彦と合流し、紅茶でお茶会中。
列車に乗った後に、図書館の火災から獅堂光を連想、走行中の列車から飛び降りるという荒業をやってのけ、図書館へとひた走っていった。
そのまま燃え盛る図書館に単身突入するという暴挙に走るも、かろうじて脱出。
その後エルルゥと遭遇し、談笑の末同行することになったが。
放送により、龍咲海の死亡を確認。大切な仲間を失ったショックは大きく、民家で睡眠を取ることに。
その後、二回目の放送で覚醒しエルルゥの不在に気付く。
途中の民家で得た武器を手に、E-4に向かっている。
途中、橋の上で泣き崩れたアルルゥを保護し、仲間であるトグサたちの下へと送り届ける。
その際重傷を負っていた涼宮ハルヒたちを「癒しの風」で治療した。
E-4到着後身動きの取れない参加者を探すためにさらに南東のF-8へ。
しかし到着後すぐF-8が禁止エリアになってしまう17時になってしまった為そこを離れることに。
自分の不甲斐なさを悔やんでいたその時、ストレイト・クーガーセラス・ヴィクトリアを担いで爆走中な所に遭遇。
彼が身動きの出来ない参加者を助けたのかどうか確認を仰ぐため、すぐに通り過ぎ去ったクーガーを追うことにした。
彼を追う途中流れた放送で誰かが爆死したという事を聞いてまた少し落ち込むも、まだ生きている筈の光と共に東京に帰るとの希望を胸に再び立ち上がった。
森の中を進み、見つけたログハウスでセラスに会い、そこで光についての情報を得た風はセラスと共にホテルへ向かうことになる。

―――――彼女達は知らなかった。セラスの主アーカードが、風の親友である光を既に殺していたことなど。
もっとも、知らない方が幸せなのだが。

セラスに担がれホテル方面に急ぐ途中、シグナムの急襲に遭う・・・・が、そこで園崎魅音を担いでホテルから戻ってきたクーガーが乱入。
クーガーにシグナムの相手を任せ、魅音と共にホテルへと戻ることに。その途中で、光の死という事実を知る。
悲しみもそのままにホテルに着き、ホテル周辺で生存者を探すことにしたが、ホテルが崩落、絶望の中に立たされる。
悪いことは続くもので、そこでアーカードが急襲、セラスを襲った抜き手は、その背後にいた風をも貫き、殺害した。

誰かを助けようと常に考えていた彼女、誰も助けられなかったのはあくまで結果論であるが、思いの空回りとは皮肉なものである。

支給品は紅茶セット、猫のきぐるみ。


名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー