less


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

lessコマンド


テキストファイルの内容を画面に表示する。
表示が複数画面に渡る際に、前画面に戻ることができる。

構文

less [オプション] [ファイル]

オプション一覧

-a 検索を画面に表示されている行の後から開始する
-b [number] バッファ数を指定する
-B 自動でバッファを確保する
-c 続けて画面の先頭から再表示する
-C 画面をクリアして、画面の先頭から再表示する
-d エラーメッセージの表示を減らす
-e 最終行で自動的に終了させる
-f ファイルを強制的に開く
-F 検索時に一致部分を反転させない
-h [number] 前の画面に戻れる行数を制限する
-i 検索時に大文字・小文字の区別をしない
-j [number] 検索の開始行を指定する
-m プロンプトのスタイルを指定する
-n 行数を制限する
-o [file name] パイプと併用して、入力をファイルへコピーする
-O [file name] パイプと併用して、入力をファイルへコピーする(強制的に上書きする)
-p [パターン] パターンと一致した行から表示する
-q 警告音を減らす
-r 制御文字を解釈する
-s 連続する複数の空白行をまとめて一つの空白行にする
-S 画面からはみ出す行を折り返さずに切り飛ばして表示する
-u バックスペースやタブなどを制御文字として扱う
-w 最終行の後にチルダではなく空白行を表示する
-x [number] タブ位置を指定する
-y [number] 後ろの画面に戻れる行数を制限する
-z [number] スクロールする行数を指定する
-? ヘルプを表示する
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|