debugfs


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイルシステムのデバッグを対話的に行うことができる

書式
debugfs [[オプション] デバイス名]

主なオプションとサブコマンド
オプション 説明
-w ファイルシステムを読み書き可能モードで開く(デフォルトはリードオンリー)
-s ブロック番号 指定したブロックをスーパーブロックとして利用する
cat ファイル名 iノードの内容を表示する
cd ディレクトリ 別のディレクトリへ移動する
chroot ディレクトリ ルートディレクトリを変更する
close ファイルシステムを閉じる
dump ファイルA ファイルB ファイルAの内容をファイルBとして保存する
freei ファイル名 ファイルのiノードを消去する
is ファイル一覧を表示する
mkdir ディレクトリ ディレクトリを作成する
open デバイス名 ファイルシステムを開く
pwd カレントディレクトリを表示する
rm ファイル名 ファイルを削除する
rmdir ディレクトリ ディレクトリを削除する
stat ファイル名 iノードの内容を表示する
quit 終了する
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|