ランレベル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ランレベル】


ランレベルとは動作モードを指定する事によって、
サーバーの動作を変える事が可能になります。
ランレベルは/sbin/initよって制御されカーネルによって起動される。
またシャットダウンされるまでは動作し続ける。
※動作モードは下記の表を参照して下さい。

ランレベル 意味
0 停止
1 シングルユーザーモード(rootのみ)
2 マルチユーザーモード(テキストログイン・NFSなし)
3 マルチユーザーモード(テキストログイン)
4 マルチユーザーモード
5 マルチユーザーモード(グラフィカルログイン)
6 再起動
s シングルユーザーモード(rootのみ)

※ディストリビューションによって若干変わります。

ランレベルの確認


先頭に"N"が表示されている場合は、Linuxインストール時から
一度もランレベルを変更していないことになります。
# /sbin/runlevel
N 3

以下の場合は1つ前のランレベルと現在のランレベルが表示されています。
3 = 前のランレベル
5 = 現在のランレベル
# runlevel
3 5

ランレベルの変更


ランレベルを変更するには下記のコマンドを使用し、
スーパーユーザーでなければ変更する事ができません。
# init 0~6

# telinit 0~6

なお、シェルでinitコマンドを実行する場合はその時だけのランレベルの変更になる。
永続的にランレベルを変更する場合には下記の /etc/inittab を編集する必要がある。

デフォルトランレベル変更

  • ランレベルの記述場所
/etc/inittab

  • /etc/inittabファイルの最終行でランレベルを指定している
数字の部分を書き換えることでデフォルトのランレベルを変更
id:3:initdefault:


chkconfigコマンドについて

chkconfigコマンドでは、
システムサービスのランレベルの表示、設定、変更が可能です。

システムサービスの状態

システムサービスの状態を調べるには、--listオプションを指定する。
chkconfigコマンドは/sbinディレクトリにあるので以下になる。
/sbin/chkconfig -list
または
chkconfig --list
ちなみにlistオプションだけだと
現在の全システムサービスの状態が表示される。

※どれか1つのシステムサービスの状態を表示するには、
listオプションの後に表示したいサービス名を指定する。

※chkconfigコマンドは基本的にはrootで実行するのだが、
listオプションだけは一般ユーザーでも実行できる。


ランレベルの設定

ランレベルの設定を行う場合には、--levelsオプションで設定したいランレベルを指定する
chkconfig --level 3 サービス名 on

システムサービスを追加

新しいシステムサービスを追加するには、--addオプションでサービス名を指定する。
chkconfig --add サービス名


システムサービスを削除する

システムサービスを削除するには、--delオプションでサービス名を指定する。
chkconfig --del サービス名
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|