リュイシュン・バシャーモ

リュイシュン・バシャーモ



キャラクターデータ


種族 所属 精神エネルギー エニグマ 邪気の色
赤羊 シャンヤン 金欲 阿Q

登場話数


17、18話

解説


シャンヤン最強の赤羊。語尾に「~アル」をつけるアル。
魔界消滅後は地獄の開拓工事に参加。ムクとともに人材派遣会社にも入社する。

作者による解説


シャンヤン(現世の中国にあたる)出身の赤羊。
使用エニグマは青龍円月刀型の「阿Q」。
人間レベルで見ても卓越した社交レベルであり
(本編で全然そう見えないけど作者が非リアですんで設定を鵜呑みにしてやってください)
人間のビジネス界で確固とした地位を確立している。色んな業界に対して顔が広い。
なけなしの戦闘欲求を解消し、「自分の付加価値」として昇華する為に戦争ビジネスにも積極的に参加し、
その要領の良い修行のおかげで国一の実力を有する。
戦いの師匠はシャンヤンのクンルーン山に住まう太上老君(ろうし)という突然変異の長寿赤羊(約200歳)である。
リュイシュンはその人の事を「じいさん」と呼び、清く正しいションヤン道徳や覇道についてよく学んだ。
しかし17歳の時、現世から輸入されてきた、経営学者のピーター・ドラッガーの書物を読み、
その内容の現実への応用力の高さに感動し、「ションヤン道徳って大した事ねーアルなァ」と思うようになった。
それから後は「正義をよく知る悪の如く」よく経営学について学び、人間の作る経済界にうってでて、ちゃくちゃくと成功を収める。
その過程で身についた「金欲(カネホ)」という精神エネルギーを使い、一騎当千の力を得て、現在に至る。

関連項目



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|


■ 雲林院水徒シリーズ

■ その他の作品


取得中です。

-
今日  -
昨日  -