試作兵器所



I=D 01 アメショー


(絵:キノウツン)

にゃんにゃん共和国本国からI=Dの設計を発布された時、
我が藩の藩王、キノウ=ツンはすぐに行動を開始した。

「べ、別に共和国のためじゃないんだからね! I=Dを作りたくなっただけよ!」
とは藩王の言葉である。

こうして、藩王の作業は朝まで続いた。

「装甲はアメショだし白地にトラ縞かな…と。
 でも、カラーリングは運用次第では色を変えて…。
 首周りと耳はセンサー、尻尾はバランサー…にくきうは衝撃吸収を高めて…と。ふう」

設計図は着々と描かれていく。

今回のI=Dは前回のTUN‐DEREの2倍以上の大きさが要求される。(図の右がサイズ比較)
新型機を作り上げるのは、とても難しい事であったが、これに我が国は全力で取り組んだ。

国民は会議を開き、I=D用の装備をいくつも考案した。
藩王お付きのメイドは、藩王のサポートにせわしなく動き回った。
摂政の一人と技族の一人は、藩王の力になる為に新型装甲を考案した。
下記の装備の一部を記す。

  • SUKU=MIZU装甲
この機体の胴体部を覆う装甲。最新の技術で作られた、とても丈夫で軽く、安定性のよい画期的な装甲である。
メカに詳しい摂政と技族によって考案された。

  • LAN=D=CELL
この機体の背中に装備される即応セット。中に搭載される装備も含め、最新鋭のバックパックである。
とある国民が会議の結果作り上げた。

どちらの装備も、他のパーツ同様、用途にあわせてカラーリングなどの仕様変更が可能である。
もちろんこの装備以外にも、優れた装備はたんと搭載されている。
量産機ではあるが、それでも予算ギリギリのラインまで入念な設計がなされた。
藩王の、普段見せない優しさが、パイロットを守ろうとしているに違いなかった。

こうして、我々が待ち望んだ、新世代の人型I=Dが完成した。
藩王は仕事を終えた後高らかにこういった。
「な、なによ! 私が頑張ればこのくらい…この機体、きっと役立ててよね! 自信作なんだから!」
この後藩王はご就寝の時間と相成りました。きっと、いい夢を見てるに違いありません。
新型I=Dの、可愛らしくも頼もしい勇姿を…

(文:アシタスナオ)

I=D 01 アメショー武器セット

7.62mm機関銃 息吹 及び薬莢受けと弾倉



(絵:キノウツン)

即応セット



(絵:庄津K太)

  • LAN=D=CELL
この機体の背中に装備される即応セット。中に搭載される装備も含め、最新鋭のバックパックである。
とある国民が会議の結果作り上げた。

使用状況を考え、塗装前の状態も用意された。

キャットバスケット


(絵:稲垣)
  • アメショーを無事に届け、回収して帰還する為に、
新世代のシステム「EN=SOKUシステム」を搭載。